アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想&総評】「セイレン」:第12話(最終回)「桃乃今日子 第4章 ハツコイ」

2017-04-03 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 ピンと立った女鹿の尻尾。

 いよいよ創設祭。
正一はとある決意を固めており、どこか雰囲気が違う感じ。
由貴恵に背中を押されるという意外な描写も。
そして、彼は今日子の元に赴き、「屋上で待っている」と告げます。
今日子が動揺して色々と言い訳するも、正一の決意は変わらず。

 持ち上がる創設祭では、サンタコンテストで透がまさかの優勝。
案の定、りんがるいせの妹だと発覚。
そんな中、他校の生徒であるはずの水羽が何故か輝日東高校の生徒になっているという気になるシーンも……。

 屋上に向かう途中、暗がりの教室で女の子同士が抱き合っているのを見かけ、見入っていた正一は、今日子からキツイ一撃をもらう事に。
そのまま屋上に舞台を移し、正一は今日子に思いの丈を告げます。
今日子も正一の事を男として見ていると答えますが、ここでも毛糸のパンツやつむじというネタ要素が(笑)
2人の会話も下着だのとエッチな方向に向かいますが、最終的には花火をバックにキスを交わします。

 そしてお決まりの10年後。
正一は漫画の編集者になったようです。
もちろん彼と今日子は結婚し、娘も1人。
魔法少女やおでんといったキーワードは、

 それでは、今期4作目の総評です。

【シナリオ】4点
【キャラクター】4点
【演出】3点
【音楽】4点
【声優】4点
【作画】4点
【独自性】4点
【主観的面白さ】3点
【合計】30点
   ↓
【総合評価】B(やや良い)

 「アマガミ」と同じ方式の作品でしたが、こちらはアニメオリジナル。
そういう意味でも個性的な作品でした。
ヒロイン陣は、本人ルートよりも他のキャラのルートでより個性が光っていた耀を始め、なかなか個性的なキャラばかり。
主人公も初めは割とまともかと思いきややはり変態紳士の系譜だったり、謎の鹿推しなどネタには事欠かず。
毎回楽しんで見る事が出来ました。
クオリティは上々でしたが、やはりヒロイン陣6人の内、3人分しか描かれなかったのは残念というか、物足りなさを覚えます。
特に、この作品はゲームや漫画でのフォローが聞かないため、余計にそう感じますね。
まあ、その辺りに関しては、第2期に期待という事で……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「幼女戦記」... | トップ | 【アニメ感想】「双星の陰陽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。