アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「セイレン」:第10話「桃乃今日子 第2章 オサガリ」

2017-03-19 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 夜空を駆け抜ける淫獣。

 創設祭における正一達のクラスの出し物は鹿肉屋台に決定。
耀は前回、見栄を張って余計な事を言ったため、その鹿肉の調理をさせられそうに。
必死に誤魔化そうとするも、周囲のフォローが入り、もはや逃げ場なし(笑)

 クリスマスはいつも、郁夫は正一の家で彼と一緒に過ごすのが恒例になっている模様。
しかし、今年は予定が入りそうだと彼から告げられます。
小学生の時に好きだった女の子に再会し、予備校に通い始めたのも彼女目当てとの事。
正一は少し寂しがるも、全力で応援する事を宣言します。

 一方、家庭部には三条るりが現れ、宇野と時岡に創設祭のクリスマスの飾りを作るよう要求。
彼女のやり方は非常に強引で、これまでの家庭部が犯した失態を盾に、栞の内申点に関わる事を仄めかすという脅迫まがいのやり方。
結局、宇野達は従わざるを得ず……。

 今日子が家庭部で上手くやれているか様子を見に来た正一が目にしたのは、ソファーの上で眠る美少女の姿。
それはコスプレをした今日子でした。
目覚めた彼女から、作ったロールケーキを振る舞われる正一ですが、予想に反してとても美味しかったものの、素直に褒める事が出来ず。
去り際、正一は今日子をクリスマスイヴの予定に誘おうとするも、彼女がケーキ疲れしていると言っていた事もあり、ヘタレて誘う事が出来ず……。

 今日子を誘うのにどうするればいいのか悩んだ正一は、あろう事か耀に相談。
思わずエロいサイトを見てしまい、見栄を張って話を合わせる耀でしたが、相変わらず本人以外のルートでのキャラ立ちが止まりませんね(笑)
その後、家庭部に顔を出した正一は、今日子と共にツリーの飾りを作るための生地探しを拝命する事に。
正一は、昔の彼の服を使う事を提案し、2人で正一の家へ。
今日子は無防備にも正一の小学生の頃のパジャマを着たり、目の前で着替えたり。
思春期の男子には拷問ですよこれは(笑)

 正一の家から学校の家庭部に向かう途中、正一は思い切って今日子をイヴに誘うものの、忙しい事を理由に断られてしまい、微妙な雰囲気に。
その光景を宇野と時岡が目撃しており、今日子は家庭部でいじられる羽目に。
今日子に対し、正一を男として意識している事を指摘する宇野と時岡でしたが、彼女達にアドバイス出来る事もなく。

 翌日、宇野と時岡が用意した、そういったのに詳しい人を訪ねる事になった今日子。
その相手というのがこれまた耀であり、彼女はトナカイに関する雑学を述べた後、正一の事と思われる人物の悪口に発展。
彼女の言葉はもちろん見栄からくる嘘でしたが、宇野や時岡は鵜呑みにし、今日子はたまらずその場から去ってしまいます。
しかし、今日子はその話を信じたわけではなく、自分のせいで正一が悪く言われるのが我慢出来なかったのでした。
何だ、ただの天使か……。

 ところで、途中で正一が郁夫にしていた壁ドンは結局何だったんでしょうか?(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「BanG Dream!... | トップ | 【アニメ感想】「カードファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。