アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「ツインエンジェルBREAK」(新アニメ):第1話「十五歳の船出」

2017-04-24 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 島の波動。

 2017年4月スタートの新アニメの第20作目。
6年ほど前に放送されたアニメ「快盗天使ツインエンジェル~キュンキュン☆ときめきパラダイス!!~」の続編ですね。
元を辿れば、原作はパチスロですが、私はよく知りません。

【あらすじ】
かつて正義の味方を見た事から彼女達に憧れ、正義の味方になって人を笑顔にしたいと願う中学3年生の天月めぐる(あまつき―)。
彼女は、姉妹校交流の生徒として東京の聖チェリーヌ学院に転入する事になり、故郷の島から上京してくる。
自分が通う事になる聖チェリーヌ学院にやって来ためぐるは、学校まで美少女の如月すみれ(きさらぎ―)に遭遇する。
翌日、めぐるが転入したクラスにはすみれの姿が。
早速4人の友達も出来る。
めぐるはすみれとも親しくなろうとするが、彼女の反応は素っ気なく。
そんな中、文化教室でジョン・ガラブシが来校。
彼の三味線を使ったライブを見る一同だったが、めぐる以外の面々は様子がおかしくなっていく。
困惑するめぐるだったが、「みるくちゃん」と名乗るハリネズミが登場。
彼女の指示により、めぐるは「ツインエンジェル」に変身して人々からエネルギーを吸い上げる悪と戦う事に。
憧れの正義の味方となれると喜び勇んで変身するめぐるだったが、初戦闘という事もあって苦戦。
すると、そこにめぐるとペアとなるもう1人のツインエンジェルが現れ、ジョン・ガラブシを撃破する。
そのツインエンジェルの正体はすみれだったが、彼女は相変わらずで、めぐるにもツインエンジェルにも興味を示さず、去ってしまう。

 内容としては割と王道的な印象です。
主人公は、感覚的で人との間に壁を作らず、妙に前向きというお決まりのキャラクター。
マスコット枠もいましたし。
ただ、ちょっとイマイチ感がありますね。
主人公が女主人公のテンプレという事もありますが、バトル要素があるのに戦闘描写がパッとしなかった印象。
臨場感やスピード感もありませんでしたし……。

 さて、めぐるが憧れる正義の味方というのは明らかに前作のツインエンジェルである遥や葵でしたが、彼女達はどうしているんでしょうか。
そして、みるくちゃんも声的には前作で3人目のツインエンジェルだった葉月クルミですが……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【コミック感想】「Aチャンネ... | トップ | 【アニメ感想】「正解するカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。