アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「アイドル事変」:事変03「Nyanway Generation」

2017-01-31 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
 早寝早起き宮参り。

 夏月、靜、幸恵の3人は秘書と一緒に船で猫ノ島に。
何でも、猫ノ島はたくさんの猫が人間と共存する島との事。
今回、夏月達は島の子ども達から、「島の猫がいなくなった」という手紙を受け取っての訪問。
しかして島に上陸してみると、やはり猫は1匹もおらず。
そして、猫島議員という、猫ノ島出身ながら大の猫嫌いという女性の国会議員を目撃します。

 唯一、島にはボス猫だけが残っているようですが、他の猫がいなくなってしまった事で機嫌が悪いのだとか。
夏月達は、同様に手紙を受け取って訪れて来た、「スターライ党」のアイドル議員、飯塚桜子、鳴神五十鈴、綾井しらゆきに遭遇。
桜子は上品なお嬢様キャラで金銭感覚がぶっ飛んでおり、五十鈴はそんな彼女に手を焼いており、しらゆきはうどん好きの不思議系キャラといった感じ。
そして、靜は実は猫嫌いであるという意外な一面が発覚(笑)
夏月は島の出身というお婆さんから、「海の向こうから4人の乙女が現れ、猫の石舞台で踊る」島の古い言い伝えを教えてもらいます。

 夏月達が子ども達と一緒に猫を探す一方、桜子達はお婆さんから教えてもらった4つの神社を尋ねる事に。
1つ目の神社には石舞台があり、桜子がお清めで水をかけると、「N」の文字が。
続けて2つ目の神社には「S」の文字が現れる石舞台が。
方位かと思われたものの、3つ目は「I」、4つ目は「S」と全く意味が分からず。

 情報を収集していた靜と幸恵は、怪しい人を見たという情報を入手。
どう見ても猫島議員なんですが(笑)
一方の夏月は、「遊んだら何でも教えてくれる」という子ども達の言葉を受け、ボス猫に猛アプローチ。
ボス猫と追いかけっこをした上、心を開かせる事に成功します。

 合流したヒロイン党とスターライ党の面々は、桜子の提案でうどんを食べる事に。
さっき忘れたボス猫がすでにうどん屋にいるという(笑)
店主であるお婆さんは、言い伝えの乙女達として夏月や桜子達を指定。
夏月、桜子、五十鈴、しらゆきの4人がそれぞれ石舞台の上で歌って踊ると、島の猫達が海の向こうから走って戻って来ます。
猫が海を渡って来るという展開に加え、まさか犯人であると思われる猫島議員を追及すらせずにほったらかしとは狂いってますね(褒め言葉)
それにしても、どうして靜と幸恵は歌うメンバーからハブられてしまったのか……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「One Room」... | トップ | 【アニメ感想】「ハンドシェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。