アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「sin 七つの大罪」:第3話「色欲の渚」

2017-05-11 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 人魚ルック。

 マイアミに向かうルシファー、レヴィアタン、真莉亜。
何でも、マイアミに色欲の魔王、アスモデウスがいるのだとか。
ルシファーによると、魔王は地上で人間をたぶらかし、信者を集めているとの事。
ちなみに、前回のラストで真莉亜が「マイアミ」と口走ったのは、彼女がルシファーの天使の血を取り込んだ事により、天使の血が大罪の居場所を教えてくれるため。
これ、ルシファー自身は感知出来ないんですかね?(笑)

 マイアミの浜辺で、男女構わず篭絡し、浴場に耽っていたらアスモデウスの前に、ルシファー達が登場。
ルシファー自身も際どい水着を着ていた上、彼女が見繕った真莉亜の水着は濡れると透けるエロ仕様。
色気で対抗しようという事なのでしょうか?(笑)
水辺という事で、水を司るレヴィアタンは意気込んで巨大なカタツムリのような生き物を召喚。
色合いが紫でキモイ(笑)
しかし、欲情する人間達が力の源であるアスモデウスに対して不利と判断したルシファーは、意外な事にあっさり引き上げます。

 今度は、夜になるとアスモデウスが信者集めをしているというステージにやって来たルシファー達。
アスモデウスはポールダンスで観客を魅了。
リベンジを誓うレヴィアタンが勝手にステージに上がって張り合いますが、勝てるわけもなく、ルシファーと真莉亜は彼女を連れて引き上げる事に。

 ルシファーの我がままにより、外にキューバサンドを買いに行かされた真莉亜。
そんな彼女はアスモデウスに捕らわれてしまいます。
アスモデウスは砂浜で見た時から真莉亜の事を気に入っており、彼女を虜にしようと攻め立てます。
見境ないですねぇ(笑)

 そこにルシファーが乱入。
しかし、アスモデウスが召喚した媚薬となる香りを発する植物の蔦に捕らわれてしまいます。
喘ぐルシファーですが、そんな彼女の高貴な姿にアスモデウスは次第に心を奪われ、欲情。
かくして色欲の魔王を欲情させる事でルシファーは勝利を収めます。
何ちゅうバトルだ(笑)
なお、案の定ルシファーは真莉亜を囮にしていたと発覚し、真莉亜は彼女を信じるかどうかで迷い続ける事に。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「Re:CREATORS... | トップ | 【アニメ感想】「アリスと蔵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事