アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

(アニ感)「BLASSREITER(ブラスレイター)」:第11話

2008-06-15 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
「BLASSREITER(ブラスレイター)」:第11話「黙示録の序奏」

 今回、オープニングが変わっていましたね。
もうすぐオープニングテーマが変わるらしいのに、何で今になって?(^_^;)
しかも、死んだはずのゲルトが普通に登場していてビックリ。
もしかして、復活したりするんでしょうか?

 前回登場した、「パラディン」に乗っていた女性隊員。
ブラッドの知り合いという事は示唆されていましたが、2人はかつて同じ部隊に所属していたようです。
何かがあってブラッドはその女性隊員の前から姿を消したようですが、その事を引きずっているのは女性隊員の方であるようです。
それはちょっと意外でした。

 突如、町の中で「融合体」が大量発生。
さらに、「XAT」の内部でも隊員が「融合体」に次々と変異するという事態が発生します。
何でも、インフルエンザらしき症状が「XAT」の中に蔓延していたという描写がありましたが、これが人間を強制的に「融合体」にしてしまう“何か”だったのは間違いないでしょうね。

 前回、勝手にジョセフを解析していた処罰として囚われていたヘルマンとアマンダの元にはブラッドとアルが助けに向かいますが、その時点ではすでに「XAT」どころか街中が「融合体」に溢れていました。
なるほど、これが“黙示録”というわけですか……。
何だかアルもそのインフルエンザらしき症状を見せていますが、やはり彼も「融合体」になってしまうのでしょうか?

 そして、今回その存在が明らかにされた謎の組織。
どうやら、ヴィクターとメイフォンはその組織に所属しているようです。
彼らの言う「三騎士」とはいったい何を意味するのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (アニ感)「あまつき」:第... | トップ | (アニ感)「仮面のメイドガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
BLASSREITER 第11話 (アニメ好記 Deux)
ボス覚醒 BLASSREITER(ブラスレイター) 第11話 黙示録の序奏 融合体大量発生!XAT壊滅危機!ブルー復活! 重要人物が本性を現し、対立構図が明らかになって来た。