アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想&総評】「あいまいみー ~Surgical Friends~」:第12話(最終回)

2017-04-02 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
 ヤバ石くる!!

 ぽのか先輩により、「精神と時のネカフェ」にやって来た麻衣とミイ。
この部屋の1日は、外の世界の1ヶ月に当たるとの事。
……よくよく考えたら、時間の縮尺が逆ですね(笑)
麻衣とミイはぽのか先輩にそそのかされ、愛に原稿を落とさせるために修業を行う事に。
そして2日後、愛の前に現れる麻衣とミイですが、ミイは3日も行方不明で心配していた彼女により、手痛い一撃を食らう事に。
愛が強いのか、ミイ達が弱いのか……。

 愛の家で、珍しく漫画の原稿を書く麻衣とミイ。
すると、そこに「わぴこ元気予報!」の歌と共にぽのか先輩が現れ、15秒後に隕石が落ちて来ると急を知らせます。
「わぴこ元気予報!」の歌、わざわざぽのか先輩の中の人に歌わせたんですか(笑)
そして、ぽのか先輩が長々と自体を説明している間に隕石が落下し……。

 「幸恵と夏菜子」を挟みつつ……と思いきや、何とそのまま本編と繋がるという最終回っぽい展開(笑)
というか、今更ながら夏菜子って愛の妹の事だったんですね……。
堕ちて来る隕石は1つではなく、次々と降り注ぐ隕石の中、逃げ惑う人々……。
地球はなくなってしまったものの、宇宙船の中で愛だけは現実を直視出来ず、漫画家になる夢を熱く語り、見かねた麻衣とミイの泣き声が響きます。
そして、そのままグランドエンディング。
まさかの地球滅亡の鬱エンドとは(笑)

 それでは今期3作目の総評です。

【シナリオ】3点
【キャラクター】4点
【演出】3点
【音楽】4点
【声優】4点
【作画】3点
【独自性】5点
【主観的面白さ】3点
【合計】29点
   ↓
【総合評価】B(やや良い)

 相変わらずのノリとテンポで楽しませてもらいました。
よくもまあこんな狂った(褒め言葉)内容を毎度思い付く物だなと感心しております(笑)
今期ははミイの意外な過去や、「幸恵と夏菜子」というコーナーの開始により、マンネリ化する事は全くなく。
鳥痔郎による次回予告も個性的な存在感を放っていました。
単なる続編にとどまらず、さらにバリエーションが豊富になっていくのは脱帽するばかりです。
是非とも第4期を期待したいところですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「ガヴリール... | トップ | 【アニメ感想】「カードファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。