アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「幼女戦記」:第拾話「勝利への道」

2017-04-03 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 開けゴマ。

 敵司令部を破壊するため、作戦行動に挑むターニャ達。
制限時間10分の中で3つの司令部候補それぞれに潜入を開始します。
残念ながら、ターニャが潜入した施設はハズレ。
しかし、他のチームが敵司令部と弾薬庫の破壊に成功。
見事作戦は完了します。

 一方、ゼートゥーアとルーデンドルフは閣僚会議で糾弾を受けていました。
今回の作戦についても、詳細は説明していない事から、疑念の声も上がります。
が、そこに敵司令部の破壊の知らせが。
ゼートゥーア達が待ちわびた報告に、会議には大きな動揺が走ります。

 続けて、共和国打倒の第3作戦が始動。
それは、戦線の地下に穴を掘り、敵陣を下から爆破して突破する事でした。
そして、自軍と突破した軍による挟み撃ちで、さながら回転ドアのように敵をせん滅するのが最終段階。
この作戦により、見事戦線の共和国軍を壊滅させる事に成功します。
一気に話が進んでますね。

 ターニャ達も再度出撃。
もう少しで存在Xに意趣返しが出来ると胸を高鳴らせるターニャでしたが、飛行中、謎の魔導隊の連絡が入ります。
それはどうやら王国軍との事。
そんなやり取りをしている内に、その王国軍と遭遇し、先手を打たれて犠牲が。
そこに立っていたのはスーの姿でした。
存在Xの啓示を受けた事は伺わせていましたが、彼がラスボスですか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「カードファ... | トップ | 【アニメ感想&総評】「セイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。