アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「冴えない彼女の育てかた♭」:#2「本気で本当な分岐点」

2017-05-07 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 あなたのような感のいい女の子は嫌いだわ。

 製作途中の同人ゲームのシナリオを書き上げた詩羽に、荷物持ちとして付き合う倫也。
しかし、詩羽は最初に入った大型書店でいきなり大量の本を購入。
この時の倫也のモノローグ、完全に「物語」シリーズをパロっていましたね(笑)
そして、そんな2人をこそこそ付け回す英梨々。
彼女に呼び出され、巻き込まれる恵。
英梨々は本当に、どうやって倫也達の行動を知ったんでしょうかね(笑)

 次は映画を見ないかと詩羽を誘う倫也。
すると、詩羽はあろう事か、失敗した実写化系の作品を要望。
何という恐ろしい事を……(笑)
とりあえず、見たのは実写ではなく、テレビシリーズの続編として制作された劇場版だったようです。
倫也はそれなりに高評価のようですが、詩羽は「蛇足」と否定的。
なお、幼馴染エンドという事もあり、英梨々は感涙でむせび泣いた模様(笑)

 何だか高級そうな店で夕食を食べる倫也と詩羽。
ここで、詩羽は自身の将来についての話をし出します。
彼女は関西の大学と、近くの大学の2つで迷っている様子。
倫也の様子を伺い、彼の不安を煽るような事を言いつつ、どちらがいいか尋ねるなど、かなり腹黒い事をしていましたね。
そして駅での別れ際、新たに書き上げたという別のシナリオを倫也に渡す詩羽。
採用するかどうかの最終的な決断を彼に一任するあたり、大学の件と合わせて彼女の倫也への依存心が垣間見られた気がします。

 詩羽が書いた新シナリオを実際に読んだ倫也はとても感激。
ただ、今から新たなシナリオを採用するとなると、主にイラスト担当の英梨々への負担が非常に重く。
内容も、メインヒロインが入れ替わってしまうなど、これまでとは方向性が全く変わってしまうようです。
さらに、恵がプレイしていたとある同人ゲーム。
それは、波島兄妹が所属している「rouge en rouge」のもので……。
この同人ゲームが新たな波紋を引き起こすのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「月がきれい... | トップ | 【アニメ感想】「GRANBLUE FA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。