アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

(アニ感)「ささめきこと」:その九

2009-12-03 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ささめきこと」:その九「ひまわりの君」

 同人誌作成に対して並々ならぬ情熱を注ぐあずさ。
そんな彼女はかつて、友達に「自分の趣味を押し付け過ぎ」「たかが同人誌そんなにやりたいのなら一人でやれば」と言われ、仲が断絶した事があるようです。

 確かに、オタク気質がある人って自分の趣味ばかり熱弁して、自分の趣味にそぐわない意見は聞かなかったりしますよね(笑)
気を付けないと……。
まあ、あずさの場合、その妄想癖からも分かるように、暴走する事が多いのが問題なのですが。
そのせいで、人への押し付け具合がパワーアップしているのでしょう。

 あずさは織野真紗香の話題が通じた事で「友達が出来た」「同志が出来た」と喜んでいました。
一緒に同人誌を作ると意気込んでいましたが、肝心の相手である純夏はあずさの話を右から左で受け流していたので「え?」な態度。
その純夏の様子にショックを受けたあずさ。
かつての苦い経験が蘇ります。

 う~ん……。
今回の場合、別に純夏がはっきりと断ったり、拒絶したわけではないので、以前とのケースは違うのは明らか。
しかし、当事者のあずさはそうではないのでしょう。
かつての経験のせいで、そういう部分がかなり過敏になっているのでしょうな。
まあ、あずさ自身が勝手に突っ走っていた印象が強いのは拭えませんが……。

 純夏は自分が酷い事をしたのではないか、と気付き、あずさの家に向かいます。
結果、純夏とあずさの仲は修復されますが、あずさが目標としている同人誌の即売会は女子部の合宿の日程とどんかぶり。
まあ、これは予測できた展開ですけどね(笑)
しかし、汐はこれでいいのか……?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (アニ感)「遊☆戯☆王5D\'s(... | トップ | (ゲーム)「ファンタシース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
☆ささめきこと その九 『ひまわりの君』 (F-Shock DL Blog)
アズサは、店番しながらムラサメさんとイチャイチャする想像をしてた。 そして、二次創作じゃないオリジナルの小説を書きたいと思い立つ。