アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「私がモテてどうすんだ」:第10話「兄☆襲来!」

2016-12-15 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 でしょうね!!

 いきなり宝探しに行こうと言い出す六見。
何でも史学部の部室から宝の地図らしきものを発見し、解読した結果、埋蔵金の地図だと分かったのだとか。
あまりのうさん臭さに他の面々はもちろん行くのを拒否。
が、そうなると花依と六見が2人だけで行く事になると知り、慌てて全員参加を表明。
しかし、志麻は六見の花依への気持ちに疑念を抱きます。
五十嵐、七島、四ノ宮の3人も、改めて六見の言動を思い出し、頭を捻る事に。

 というわけで、いつもの6人は宝の地図に記された洞窟へ足を踏み入れます。
その中で、男性陣は六見に花依の気持ちを問いただします。
好きであると返答を受け、何故か胸を撫で下ろす五十嵐達。
が、六見の言う「好き」というのは人類愛的なものであり、恋愛感情についてはよく分からないと告げ、他の男性陣は呆れます。

 コウモリの大群に襲われ、六見と花依は他の面々と離れ離れに。
六見はかつて土蔵に閉じ込められた事があるようで、暗い所が苦手であるのだとか。
そんな彼を花依が手を引いてリードし、六見も特別な感情を抱いたようで、思わず彼女を抱き締める一幕も。
割とベタな展開ですね(笑)

 発見された宝箱は、何とも場に不釣り合いな自己主張の激しいもの。
その中にあったのは、この宝を発見した者が次の部長だという内容の手紙。
そして、最後に書かれていたのは六見一馬、すなわち六見遊馬の兄の名前でした。

 その遊馬が教育実習生として花依達のクラスに。
兄弟中は悪くないようで、親し気に話す一馬と遊馬ですが、一馬は驚かせるために敢えて話していなかった模様。
一馬は砕けた性格であり、生徒達とも即座に打ち解けますが……。

 休みの日、一馬はアニメショップから出て来た花依と偶然遭遇し、そのまま一緒に食事へ。
その時の話によると、遊馬を土蔵に閉じ込めたのは一馬だと発覚。
何だか質の悪いトラブルメーカー臭がして来ましたね……。
花依がいつも遊馬には助けられていると言っているのを聞き、一馬には何か思うところがあった様子。

 学校で、花依が大好きな「ミラージュ・サーガ」の限定グッズを持って来る一馬。
アクシデントでそのまま彼は花依に迫りますが、遊馬が妨害。
遊馬は自分と花依が付き合っていると宣言しますが、これはもちろん嘘。
他の男の手からヒロインを守るため、恋人の振りをするというのは男性向け作品でもそこそこ見かけるパターンですね(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「てーきゅう ... | トップ | 【アニメ感想】「Lostorage i... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。