アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(2期)」:#20「浄化 Purification」

2017-03-06 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 アリーシャ姫の支持者。

 レディレイクに潜入を果たしたアリーシャ達は、非常用の通路を通って先を目指します。
が、そこにも当然のように待ち伏せが。
部下達と協力して敵兵をなぎ倒して突破を図りますが、この状況で相手を殺せないというのは辛い……。

 一方、磔にされたマルトランの前には、ルナールが現れていました。
彼はアリーシャ姫が部下に犠牲が出るのを厭わず、マルトランを助けに向かっていると告げます。
しかし、マルトランはアリーシャは自分の元には来ないと言い切り……。

 竜巻を追い、レディレイクを目指すスレイ達。
スレイは、人間は誰しも心にケガレを持っており、それを律して生きているという考えに至っていました。
ただ、溜め込んだケガレが決壊する容量が違うだけ。
さらに、ドラゴンに対しても、浄化出来ないのではなく、そのケガレを受け止め切れる導師がいなかったからと考えているようです。
ドラゴンが浄化出来れば、エドナの兄、アイゼンの救出フラグが立ちますが……。

 バルトロもアリーシャはマルトランを助けに来ると踏んでいたようですが、彼女が目指していたのは父親であるハイランド国王のいる居城。
父親と対面を果たしたアリーシャは危機的現状を訴えますが、彼がすでにケガレを纏っているのを目の当たりにし、動揺。
すると、そこにバルトロが現れ、アリーシャがハイランド王を狙っているとし、剣を向けます。
窮地に陥るアリーシャでしたが、ハイランド王はバルトロの凶刃から彼女を守り、謝罪の言葉を遺して地に伏します。
それでもバルトロに対し、殺さないと宣言するアリーシャ。
彼女は兵達を招き入れ、バルトロの言動の数々を外で伺っていた彼の部下達も困惑した様子で問いただします。
追い詰められたバルトロは、自ら身を投げ……。

 バルトロは死んだものの、今度は巨大な竜巻がレディレイクに迫っていました。
竜巻の発生源であるドラゴンを浄化にかかるスレイ達。
ロゼと共に浄化を図るも強大なドラゴンのケガレを受け止め切れず。
そこにアリーシャが駆け付け、ケガレを分け合う事で、見事ドラゴンの浄化を成し遂げます。
これまた王道的な展開ですね。
エドナも兄を浄化出来るというスレイの言葉に胸を打たれますが、そこにサイモンが現れ……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「双星の陰陽... | トップ | 【アニメ感想】「にゃんこデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事