アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想&総評】「うらら迷路帖」:第12話(最終回)

2017-04-08 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 つまらない大人。

 千矢達は、九番占合格祝いの温泉旅行へ。
以前に水着回はありましたが、まさか最終回で温泉回まであるとは(笑)
温泉に入る前、4人は服を交換する事に。
千矢→紺→小梅→ノノ→千矢という感じに服をチェンジ。
ノノの服を着た千矢はまあなかなか可愛かったですね。
ただ、紺達は褒めていたものの、小梅の服を着たノノは似合っているとは思えなかった……。

 というわけで、温泉に入る一同ですが、緊張の糸が解けているためかやや暴走気味。
そして、風呂から上がった時、千矢達は九番札がない事に気付きます。
というわけで、4人は探索を開始。
発見する事に成功するも、案の定、実はニナが特別な処置を施すために拝借して、そのまま伝え忘れていただけでした。

 九番占いに合格した千矢達は棗屋を出て、九番地にある学校に住み込みで通う事になるのだとか。
舞台も少し変わるようですし、キリの良いところで終わった感じですね。

 それでは、2017年1月~3月期アニメの11作目の総評です。

【シナリオ】3点
【キャラクター】4点
【演出】3点
【音楽】4点
【声優】4点
【作画】4点
【独自性】4点
【主観的面白さ】3点
【合計】29点
   ↓
【総合評価】B(やや良い)

 占いをテーマにした、なかなか個性的な作品でした。
ファンタジー要素も強く、迷路町という独特の世界観がとてもインパクトがあり、また印象的だったと思います。
キャラも個性的で、千矢が母親を探している事を始め、キャラ達が目的意識を持って頑張っているのも好感が持てました。
比較的、日常系のイメージの強い「きらら」系統の作品としては珍しいタイプの作品だったのではないでしょうか。
ただ、個性的ではあったものの、今期のアニメの中ではやや埋もれがちだったようにも感じられました。
何かもうちょっと突き抜けた要素が欲しかったようにも思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「スクールガ... | トップ | 【アニメ感想】「ガヴリール... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。