アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「けものフレンズ」:第3話「こうざん」

2017-02-05 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 僕じゃない。

 ジャパリバスの電池を充電するには、高い山の上まで行かねばならず。
かばんとサーバルはボスと共にまずロープウェーの発着駅だと思われる場所にやって来ますが、当然ゴンドラはなく。
すると、そこにトキが登場。
彼女は歌が好きなようで早速歌声を披露してくれますが、とんでもない音痴。
歌い終わった後に感想を聞かれるかばん達ですが、かばんは歌声について何も褒めていないですね(笑)

 トキが1人くらいなら人を運べるというので、かばんが彼女に運んでもらう事になり、サーバルは自力で山を登る事に。
トキに吊るしてもらい、空高く舞い上がるかばん。
が、ボスがトキの歌声についての(悪い)情報を語り出したため、トキはその度にショックを受け、かばんは落ちないか冷や冷やする事に。
トキが語ったところによると、何でもサンドスターなる、山(火山)から溢れ出る謎の物質がこのジャパリパークの気候を保っている模様。
ただ、このサンドスターも謎が多いようで、この作品の世界観に関わるような事を匂わせますね。
途中、食事の際にかばんがトキに歌い方のアドバイスをするという一幕も。

 かばんとトキが山の頂上に辿り着くと、そこには1件の店があり、アルパカ・スリが喫茶店を開いていました。
彼女は初めて客が来たと大喜びしますが、かばん達が客ではなく、充電をしに来ただけと知るや否や肩を落とします。
それでも充電をさせてくれますが、充電中はお湯が出なくなり、紅茶を淹れられなくなるという営業妨害っぷり(笑)
客が来ない事を嘆くアルパカ・スリのため、かばんは空からカップの形に見えるよう草をむしる事を思い付き、それを実行。
サーバルもようやく合流し、充電が完了した後、アルパカ・スリの淹れた紅茶をいただきます。
トキの歌も、かばんの助言と紅茶のおかげで少しは改善したようですが、酷い事には変わりなく、あまり変わっていないような気も……。

 トキと別れ、かばんはサーバルが漕ぐゴンドラで下へ。
コツメカワウソやジャガーと合流し、ジャパリバスにバッテリーをセットすると、無事にエンジンがかかります。
ここで、発車したバスがサーバルに激突する事故まがいのハプニングが発生しますが、かばん達はそれを見て笑っており、とてもシュール(笑)
かくして、かばんとサーバルはバスに乗り、コツメカワウソやジャガーに別れを告げて先を目指すのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「テイルズ オ... | トップ | 【アニメ感想】「カードファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。