アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「セイレン」:第8話「宮前透 第4章 モフモフ」

2017-03-06 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 ピンポイントバリア。

 透達の手伝いのため、コミマにやって来た正一。
どうやら彼は、幼い頃に遊園地でトイレに間に合わなかった事が軽くトラウマになっている模様(笑)
そして、透と対面してみると、彼女は見るからに恥ずかしそうな、「シカマス」のキャラのコスプレをさせられていました。
ケモナー大歓喜のようないでたちですが、正一が注視してしまうのもうなずけるエロさですね(笑)

 着替えに行った十萌が戻らない中、コミマがスタート。
しかし、正一も透も接客が下手で、透は例のオスにもメスにもなるマスコットを勧めて怖がられ、正一のフォローもフォローになっておらず。
この時の客、耀編でも合宿で出て来た水羽達でしたが、そういえば水羽は一応、OPを見る限りヒロイン格なんですね。

 正一は透の作ったマスコットを衣装のアクセントにする事を思い付きます。
が、彼がどこに付けたらいいかしつこく透の体にマスコットを宛がったため、彼女は恥ずかしさのあまり逃げ出してしまいます。
正一が後を栞に任せて追いかけると、透は何人ものカメラマン達に囲まれて身動きが出来なくなっており、正一が助けに入る事もままならず。
そこに十萌が現れ、彼女のガソガルのコスプレが注目を浴びている隙を突き、正一は透を救出。
しかし、透が実はトイレに行きたいにもかかわらず、衣装のファスナーが見付からなくなって困っている事が発覚し、正一は股の方まで探す事に。
こういうマニアックなエロ展開はすっかり板に付いてきた感がありますね(笑)

 コミマ終了後、4人が打ち上げのために予約した店にやって来ると、そこはあろう事か耀のバイト先。
耀の元来の性格もあってとても賑やかな雰囲気となりますが、会話の中で、透は進路を見据えたような発言します。

 そして帰り際、正一が耀のエプロン姿を褒めた事に嫉妬し、さっさと帰って行く透。
正一は彼女を追いかけ、約束のデートを要求しつつ、思い切って告白するという男らしさを見せます。
透からはそういう恋愛については分からないと断られて打ちひしがれる正一ですが、ここで透が彼の喉仏が気になっていたという意外な一面が発覚。
しかも、キスするという特殊性癖ぶりでしたが、実は透は告白によって関係を変える事が出来ないだけで、正一の事が好きな事に変わりはなく。
2人は幸せなキスをしてうんちゃらなんちゃら。
何だか色々と視聴者置いてけぼりでしたね(笑)

 そして10年後。
透は幼稚園の先生になり、正一はその幼稚園バスの運転手。
2人の間にはすでに女の子どもがいる模様。
非常にドラマティックだった耀の時とは違い、透の方は順当に来ましたね。
それにしても、透は子どもよりも前に幼稚園にいないといけないし、正一もバスの運転手である以上、子どもより先に家を出るのは当然。
娘さんの送り出しは一体誰がやっているんでしょうねぇ(笑)

 今回の次回予告。
まさか透編が夢オチ扱いとは(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「亜人ちゃん... | トップ | 【アニメ感想】「あいまいみ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。