アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「奇異太郎少年の妖怪絵日記」:第4話「経立と狭間の管理人」

2016-10-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 黄色いネズミ。

 森の中で栗拾いをする奇異太郎とすず。
そんな中、すずは1匹の狐の姿を目撃します。

 奇異太郎が、ハムスターを発見。
しかし、そのハムスターは剣道をしており。
すず曰く「経立(ふったち)」という、歳を経た動物が人間に似た奇怪な振り舞を取るようになった妖怪の一種だろうとの事。
すると、3匹のハムスターは急に喋り出し。
蛇に襲われてしまい、兄らしき1匹のハムスターが果敢に立ち向かいますが、即座に丸飲みに。
ここのセリフが面白くて爆笑してしまった(笑)

 ハムスターを助けたのは1人の妙齢っぽい、仮面をつけた女性。
で、どうやらハムスターにアテレコをしていたのは奇異太郎だったと発覚(笑)
奇異太郎におっぱい裸締めをした女性の正体は妖狐。
彼女のは役目は狭間の管理人であり、山の平穏を守ったり、仲間が人間にちょっかいを出したりしないようにしているのだとか。
なお、奇異太郎の家が妖怪の防波堤になっている模様。

 突如、妖狐の姿が消え、すずに尻尾が。
妖狐がすずに化けたと思い込んだ奇異太郎は、そのまま彼女に躍りかかります。
どうやら“お仕置き”をしたようですが、その光景を見せないとは……。
妖狐が化けていたのは尻尾のみだったようで、彼女はそのまま悠々と逃げて行きます。

 今回のエンディング曲ですが、何だかラスト付近でいきなり男のボイスが混じってビックリな個性的な曲でした。
というか、今更ながら毎回エンディング曲って変わっていたんですね(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「バーナード... | トップ | 【アニメ】2016年10月期~12... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。