アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「魔法少女育成計画」(新アニメ):01「夢と魔法の世界へようこそ!」

2016-10-05 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 魔法少女とは別腹。

 2016年10月の新アニメの第5弾。
原作は知りませんが、どうやらラノベのようですね。

【あらすじ】
小さいな頃から魔法少女になりたいと夢見ていた姫河小雪(ひめかわこゆき)。
中学生になり、本当に魔法少女になれるとは思っていないものの、憧れは消えていなかった。
「魔法少女育成計画」というソーシャルゲームをプレイしていた小雪はある日、そのマスコットキャラであるファヴから話しかける。
魔法少女にならないかと誘われた彼女はそれを承諾。
かくして小雪は魔法少女スノーホワイトとなり、困っている声の子が聞こえるという能力を生かし、街の人々を助けて回る。
ファヴの誘導で、同じ地区の他の魔法少女達が集うチャットに顔を出した小雪は、ラ・ピュセルという魔法少女に遭遇。
スノーホワイトの教育係を買って出た彼女の正体は、実は小学生の時に同じく魔法少女好きだった少年、岸辺颯太(きしべそうた)だった。
色々とラ・ピュセルに面倒を看てもらいつつ、コンビを組む事になった小雪。
しかしある時、ファヴに招集をかけられた小雪達は、衝撃的な言葉を告げられる。
それは、増え過ぎた地区の魔法少女を半分の8人にまで減らすというものだった。

 冒頭からいきなり凄惨な場面。
途中はともかく、最後に魔法少女を減らすという宣言。
第1話から、キツイ展開になるのが目に見えていますね。
ラストの展開からするに、魔法少女同士のバトルロワイヤルになるのでしょうか?
「魔法少女まどか☆マギカ」以降、魔法少女はすっかりシリアス&過酷な展開を迎えるものというイメージが定着してしまいましたね。
ともあれ、惹き付けられる展開だったのは間違いないので、次回以降に大いに期待です。

 今回、ある意味で一番印象的だったのは颯太&ラ・ピュセルの声が佐倉綾音氏だった事。
颯太の少年ボイスが全く違和感なかった(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「アイドルメ... | トップ | 【アニメ感想】『TRICKSTER ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。