アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ総評】「響け!ユーフォニアム2」総評。

2017-01-31 23:59:56 | アニメ感想(総評)
 遅ればせながら「響け!ユーフォニアム2」の総評です。
まずは評価の確認から。

【シナリオ】5点
【キャラクター】4点
【演出】5点
【音楽】5点
【声優】5点
【作画】5点
【独自性】4点
【主観的面白さ】5点
【合計】38点

 この作品の主軸は、何といっても人間ドラマでしょう。
第1期は、どちらかといえば久美子がユーフォニアム、ひいては吹奏楽に真剣になっていく様に主眼が置かれていました。
それに対し、この2期では久美子とあすかの関係を始め、みぞれや希美の問題など、もっとより広い視野での吹奏学部が描かれた印象があります。
この点に置いて、より深く、じっくり見る事が出来た印象がありました。
その一方で、久美子自身についても、姉である麻美子との対比という形でもしっかり描かれており、主人公としての立ち位置が薄くなる事はなく。
展開に次ぐ展開、一難去ってまた一難と言わんばかりの息を吐く暇のないシナリオも、飽きる事もだれる事もなく、始終惹き付けられました。

 クオリティは言うまでもなく。
作画面もさる事ながら、音楽面でも非常に力が入っており、演奏するメンバーの人数によって同じ曲でも音の軽いバージョンがあったりと素晴らしかったです。
声優さんの演技も力が入っており、相変わらず久美子の演技はとても良かったと思います。

 ただ、個人的には友人面、葉月とみどりの描写が1期に比べてかなり薄く、ほぼいるだけ状態になっていたのは気になりました。
葉月が練習ではっきりと上達しているような描写もなく、みどりの演奏に対するストイックさが描写されたわけでもなく。
1期が秀一を交えた三角関係やらで濃過ぎた反動とも言えるでしょうが。

 ともあれ、とても素晴らしい作品であった事に間違いありません。
これ以上は蛇足になりそうなので続編はなさそうなので少し寂しいですが、下手に長引かせず、2期でしっかりと締めくくった事にも好感が持てました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「にゃんこデ... | トップ | 【アニメ感想】「One Room」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(総評)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。