アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「GRANBLUE FANTASY The Animation」:第6話「想いは陽炎の如く」

2017-05-13 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 私はどこにでもいて、どこにもいないのですよ。

 バルツ公国にやって来たグラン達。
団長であるグレンとラカムが手続きに。
すると、何と飛び立つ前に分かれたシェロが姿を現します。
彼女、実は見た目がソックリな姉妹が無数にいるという「FE」シリーズのアンナ的な存在なのか、本当に同一人物なのか……。
シェロは、町の人々は余所者にはピリピリしているから気を付けるよう忠告し、去って行きます。

 シェロの依頼で対面した依頼主は、国の秘密諜報員である特務官。
そして、依頼の内容は国の一番偉い人であるザカ大公の捜索。
ザカ大公の不在は国民達も勘付いており、余所者にピリピリしていたのはそのためとの事。
なお、特務官によると大公は帝国と秘密裏に接触していた模様。
依頼を受けるかどうかの判断は団長であるグランに委ねられますが、彼の決断により、依頼を受ける事に。

 グラン達は二手に分かれ、町で聞き込みを開始。
そこで発覚したのは、ザカ大公が国民から非常に慕われるという事実でした。
しかし、ザカ大公には「世界を滅ぼすものを作ろうとしていた」という噂もあり、予想と違う内容に混乱するグラン。
もっと調べる必要があると判断し、昔工場だった廃墟に足を踏み入れる一同。
何者かが付けて来ている事に気付くグラン達でしたが、その尾行者本人がモンスターに襲われてしまい、逆に彼らが助ける事に。

 グラン達が助けたのはイオという少女であり、ザカ大公は彼女の魔法の師匠なんだとか。
ですが、大公は様子がおかしくなり、行方不明に。
イオはグラン達に付いて行くと勝手に決め、強引にパーティに加わります。

 イオはザカ大公に関係している場所はあらかた行ったようですが、唯一飛空艇でしか行けない昔の石切り場には行ってないとの事。
というわけで、一行はその石切り場に向かいます。
イオが魔法で隠された階段を発見し、先に進むとそこはまるで工場。
すると、ドランクとスツルムに加え、帝国の最高顧問である黒騎士まで姿を現します。
黒騎士が言うには、共同研究を持ち掛けて散々研究費をせびり、研究成果を持ち逃げしたのだとか。
さらに、大公はルリアを狙っていると告げて姿を消した黒騎士の傍らには、「人形」と呼ばれる謎の少女の姿が。
黒騎士達が去った後、今度は魔法で動く機械人形が出現。
イオは師匠のものだと考えて呼びかけますが、機械人形は全く耳を貸す事なく(当然ですが)襲い掛かって来て……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「ソード・オ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事