アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「バーナード嬢曰く。」:三冊目「村上春樹とかSFとか」

2016-10-31 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
 言葉の嵐。

 しおりに「SFって何?」と尋ねるさわ子。
どうやら「SF」の言葉の意味や定義な様々な意見があるようで、しおり的にはもううんざりな様子。
そんなにたくさんあったとは知らなかった(笑)

 村上春樹作品との距離感に悩むさわ子。
当然、彼女は村上春樹の本は全く読んでおらず。
彼女が最終的に辿り着いたのは、翻訳モノだけ読むというふわっとした距離感。
相変わらず適当ですが、一応如何なる形であれ、本を読むだけマシという気がしてくる(笑)

 しかし数日後、やけに影響された様子のさわ子。
何だかがっつりハマっている様子を見せ、昨晩は徹夜したとの事。
が、彼女が頑張っていたのはよりにもよって春樹キャラのモノマネ。
読書はそっちのけだったらしく、結局やっぱり読まないんですね(笑)

 珍しく図書室で2人きりとなるスミカとしおり。
しおりはスミカにこの前読んだ本を貸すと提言。
スミカもしおりに対し、お返しに何か貸すと約束します。
意外にも2人は仲が良さそうな感じでしたが、スミカはしおりの事を「面倒臭い」と思っている模様(笑)

 そして後日、お互いに貸そうとした本が一緒である事が発覚。
割と気が合うのかもしれませんね、この2人。
そして、そんな彼女達の連帯感に水を差す質の悪いさわ子(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】『TRICKSTER ... | トップ | 【アニメ感想】「奇異太郎少... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。