アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「ガーリッシュ ナンバー」:#02「天狗な千歳と声なき悲鳴」

2016-10-16 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 魂がビッチ。

 自身が主役をするという事もあり、すっかり調子に乗っている千歳。
ただ、そんな彼女の知らないところで、制作は上手く進行していない模様。
九頭Pがちゃんと原作サイドと制作サイドをまとめられていないみたいですね。

 そんな中、千歳は同じ事務所の同期の久我山八重と再会。
さらに、片倉京とも出会います。
八重はいわゆる天然系であり、千歳からのイメージではあざとくて腹黒と散々ですが、仲は良い模様。
京の方は関西弁を使う、気さくな性格。
2人は共に、千歳と同様にヒロインを演じるようで、しかも千歳とユニットを組んでエンディングテーマを歌うとの事。

 打ち合わせ後、会話する千歳達。
千歳は全く知らなかったようですが、百花は母親が有名声優で、父親も有名なアニメ監督という出自。
いわゆるサラブレットというやつですね。
その後、一緒に居酒屋に向かう一同。
千歳、この前会った同期の集まりに呼ばれなかったらしいのですが、もしかして嫌われ者なんでしょうか?(笑)

 百花と万葉も加わり、イベントの打ち合わせ。
打ち合わせ自体はつつがなく終了しますが、八重は初めてのイベントという事もあって不安顔。
打ち合わせ自体、相当にザックリしていましたからね(笑)
百花や万葉は慣れたものでしたが(笑)

 イベントではPVが流れます。
予算の都合があるようで、九頭Pが選んだ制作会社によるPV。
早くも作画が不安になる感じが……。
実際、イベント後、アニメオタクである京が、未だキービジュアルすら公開されていない事に懸念を示します。
再度行われたアニメ制作サイドと原作サイドの話し合いでも不穏な空気が……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「私がモテて... | トップ | 【アニメ感想】「カードファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。