アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

(アニ感)「桃華月憚」:第20話

2007-08-16 23:35:59 | アニメ感想(各話感想)
「桃華月憚」:第20話「桃」

 胡蝶三姉妹の主催する桃狩に参加する事となった桃香・桃花・真琴・章子・春彦。
しかし、桃香はもごうとした桃に違和感を覚えます。
最初「胡蝶三姉妹が何か細工でもした桃なのかな?」と思いましたが、後に胡蝶三姉妹が「桃には邪気を払う力がある」と言ったのを聞いて納得。
確かに桃にはそういう力があると言いますものね。
人外の存在である桃香が影響を受けるのは当然ですな(笑)

 胡蝶三姉妹と一緒に閉じ込められてしまう桃香。
胡蝶三姉妹による誘導尋問(?)により、桃香は自分の中にある剣の存在を知る事となります。
どうやら、時間軸上で初めて桃香が自分は人間では無い事、体の中に剣を持っている事を知る事となったのが今回のようですね。
それにしてはやけに落ち着いていましたが。

 あと、別の桃香の存在が示唆されたのは興味深かったですね。
春彦の前に姿を見せ、桃香に桃を押し付けたあの少女が以前に実在した本当の桃香という事でしょうか?
今にして思えば、第4話で登場し、消えて行った少女はこの桃香だったんでしょうね。

 で、川を流れていた大きな桃を春彦が刀で切ったようなのですが、その桃を食べた一同(というか章子)はみんなガックリ来ていました。
一体何があったんだ!?
刀で切ったから果肉が鉄の味になったとかそんな理由?(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (アニ感)「もえたん」:第... | トップ | (アニ感)「DARKER ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事