アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

(アニ感)「ささめきこと」:その十一

2009-12-17 23:57:09 | アニメ感想(各話感想)
「ささめきこと」:その十一「なんでもない」

 純夏・汐・きより・朋絵・みやこ・あずさの6人はプールのアミューズメント施設にやってきました。
まあ、さすがに朱宮は連れて来れないですよね(笑)
というか、眼鏡を外してポニーテールにした純夏が可愛過ぎるのですが?(笑)
眼鏡を外すと美人という二次元ルールはここでも適用されているようです(笑)

 あずさに汐の兄の事をばれないようにしないといけないのですが、あずさの相手を出来るのは純夏のみ。
「せっかく汐と来たのに、汐と一緒にいられない!」と愕然とする純夏。
しかし、そこできよりですよ(笑)
彼女は純夏・汐・朋絵の豊乳チームときより・みやこ・あずさの貧乳チームに分けます。
漢字組とひらがな組でもありますね(笑)

 さて、今回は朋絵が水泳の経験がある事が発覚。
高台からの飛び込みが綺麗に出来、各種泳ぎの勝負でも朋絵が圧勝。
確かに、汐の言う通り純夏が運動で負けるというのもイメージにないですね(笑)
そういえば、朋絵は2年留年しているとの事ですが、もしかしてこの水泳に関係していたりするのでしょうか?

 ようやく2人きりになれた純夏と汐。
あずさはその2人、特に純夏が笑顔でいるところを目撃し、ショックを受けます。
あずさは純夏を唯一無二の存在と思っていたのですが、純夏には汐がいた、という事でしょう。
そして同時に、純夏と汐は好き合っており、汐の方は純夏へ思いに気付いていない事を感じ取ったようです。
何というか、あずさはこういう不運な役回りが多いですね……。

 さて、今回はお約束(?)の水着回だったわけですが、作画が……。
このアニメ、作画に恵まれませんよねぇ……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (アニ感)「遊☆戯☆王5D\'s(... | トップ | (ゲーム)「FFⅩⅢ」を見てみた。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
(アニメ感想) ささめきこと 第11話 「なんでもない」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
ささめきこと 第2巻 [DVD]クチコミを見る 取りやめになってしまった合宿の代わりにと、プールへ遊びに来た女子部一行とあずさ。必然的にあずさの相手をしなければならない純夏は、汐と過ごす時間が減ることを恐れるが、きよりの発案で純夏・汐・朋絵、きより・みやこ・あ...
ささめきこと 第11話「ないでもない」 (破滅の闇日記)
ささめきこと 第2巻 [DVD](2010/02/25)高垣彩陽高本めぐみ商品詳細を見る プール回。いくら汐の水着姿を拝めたからって、純夏の妄想は女性のものと...
☆ささめきこと その十一 『なんでもない』 (F-Shock DL Blog)
ムラサメさんはすっこんでろ電信柱といわれて、おいはらう。 ウシオは、私とトモエを囮にして誘ってみたらというが、ムラサメが止めてよと怒鳴る。