アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「Lostorage incited WIXOSS」:第9話「真実/終わりと始まり」

2016-12-08 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
 生きるなんて、退屈で苦痛に満ちた行為。

 相変わらず千夏を引き留めようとする白井ですが、彼女は応じず。
そんな彼女が里見の尖兵として行動していると、清衣が現れ、声をかけて来ます。
もちろん、千夏は一度負けている事もあって彼女とは相容れず、逆にバトルを吹っ掛ける事に。
しかし、清衣は敢えて攻撃しないなど、手を抜いている様子を見せ……。

 はんなは清衣に負けて以降、前回のセレクターバトルについて調べた模様。
どうやらネット上などにはかなり真実に近い情報が記されていたようで、はんなはその情報をすず子に伝えます。
一方の清衣も、自分が経験して来た過去を千夏に告白。
自分がセレクターとしてバトルに挑み、ルリグのリメンバに裏切られて、願いだった親友を殺され。
彼女は里見の尖兵として活動する事の意味を問いかけますが、千夏はなお応じず。

 バトルは清衣の敗北という形で終わりますが、それはもちろん彼女が手を抜いていたから。
納得が行かない様子の千夏に対し、清衣はまだやるべき事が残っている以上は、まだ勝ち抜く事は出来ないと告げます。

 はんなはその後もバトルで順調に勝利を重ね、必要なコインは残り1枚に。
彼女はすず子に自分の指導ももう終わりだと告げ、ブックメーカーがセッティングした最後のバトルに赴きます。
見届ける決意をしたすず子も同行して。

 一方、何やらまたしても千夏に関して悪だくみをしている様子の里美を余所に、彼女は歩道橋に。
すると、かつてバトルをしたセレクターの少女、雪野かがりが現れます。
はんなに負けてコインを全て失った彼女の中身は、その当時のルリグ。
が、彼女は生きるという行為に飽き、疲れてしまったようでそのまま歩道橋から飛び降り、死亡してしまいます。
あっさり命を捨てる様子から、今回のルリグは決して元人間ではないという事が伺えますね。

 相手に勝利し、ついに5枚全てのコインを入手したはんな。
ナナシにより、彼女が求めていた、弟が死んだ当時の記憶が蘇りました。
当時、はんなは弟と共に建設途中のビルに忍び込んでかくれんぼ。
が、弟の姿はいつの間にか見えなくなり、仕方なく1人で帰った彼女は、弟の悲報を聞く事に。
弟の死の原因が自身にあるという事実を突き付けられ、慟哭するはんなと、彼女の歪んだ表情を見て恍惚に耽るナナシ。
案の定な展開ですが、もしセレクターが勝ち抜いた場合、そのルリグはどこへ行ってしまうのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「私がモテて... | トップ | 【アニメ感想】「美少女遊戯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。