アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「ひなこのーと」:第3話「ともだちかんちがい」

2017-05-10 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 ダメちくりんな子。

 OP、これまではゆあの黒ニーソが次のカットで消えるシーンがあったのですが、修正されていましたね(笑)

 初登校を果たしたひな子ですが、自己紹介では案の定案山子に。
それどころか、休み時間でのクラスメイトの会話でも案山子になる始末。
これは先が思いやられますね(笑)

 親切なクラスメイトから、演劇部が休部状態ならば同好会を作ればいいと言われた千秋。
彼女は真っ先にひな子とくいなに知らせ、2人とも喜んで加入。
しかし、千秋に憧れるゆあがひな子に食って掛かります。
ビビったひな子が涙目になると慌てるなど、根は良い人っぽい感じ。
まあ、定番のツンデレ枠ですね(笑)
が、すったもんだの末、結局ゆあも同好会に加入する事に。

 案山子になってしまう事を始め、相変わらずダメなところの多いひな子。
千秋の事で彼女をライバル視するゆあは、自分が良いところを見せようと何かにつけてひな子の代わりに仕事や指名を買って出ます。
それを見たひな子は、ゆあが自分をフォローしてくれていると思い込み、勝手に彼女への好感度を上げて行きます。
アンジャッシュ状態……とはちょっと違うか(笑)

 真冬の提案により、少しでも人前になれるために喫茶店で働く事になったひな子。
が、実際には真冬に着せ替え人形にされ。
ひな子、スタイル良いっすねぇ(笑)
それを見越してか、胸を強調した衣装が多かったような(笑)

 店前を掃除していたひな子は、迷子の女の子に遭遇。
鳥と話せるという特技を生かし、鳥の腹話術で彼女と会話し、母親に連絡を取らせます。
相手が子どもだと少なくとも案山子にはならないんですね(笑)
お母さんはダメだったようですが(笑)

 翌朝、ゆあはあれだけ自分の優位性を見せ付けたひな子がちゃんと登校してくるのか心配で隠れて様子を伺います。
もちろん、ひな子はゆあが自分を助けてくれていると思い込んでいるため、友達になってくれないかと持ち掛けます。
ゆあも満更ではなさそうで、これは……堕ちたな(笑)
というわけで、ひな子に学校で初めての友達が出来たのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「sin 七つの... | トップ | 【アニメ感想】「ロクでなし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。