アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」:TURN 30「あの日見た輝き」

2017-05-07 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 いい輝きだ。

 U20のセカンドステージが開幕。
今度は「キャッスルロワイヤル」という内容で、特設のステージで階下から最上階を目指すというもの。
参加チームには、ファーストステージでの成績に応じて点数が与えられ、途中でのファイトで勝った者が全取りし、敗者はその時点で失格。
そして、見事最上階へ辿り着いたファイターの所持ポイントで最終的なチームの勝敗が決定するとの事。

 このルールに際し、シオンはクロノとトコハに対し、福原は2人のチームとは戦わないと宣言。
クロノは異を唱えようとしますが、トコハは彼に賛同する姿勢を見せます。
シオンがクロノ達と戦いたがっていた事を知るアンリは反対するものの、彼の決意は固く。
まあ、シオンもアンリも、どちらも間違ってはいないのが何とももどかしいですね。

 セカンドステージが始まり、トコハは快勝でスタートを切ります。
タイヨウはチーム・ディフライダーのベルノから注目される事に。
ベルノ、意外な事に結構天然でどんくさい感じのキャラなんですね(笑)

 タイヨウとベルノのファイト。
ベルノはジェネシスを使用し、その特質であるデッキトップ操作を駆使。
タイヨウは勝利への決意をもってベルノと対峙します。
ベルノもやはりユニットが憑依しているようですが、こちらは同意の上なんですかね?

 ベルノは人間そのものに強い興味を抱いている様子。
そんな中、タイヨウに光を見て惹き付けられ、ファイトを申し込んだのでした。
ファイトの終盤、タイヨウはベルノの力により、自身がユニットとして惑星クレイにいるイメージを見る事に。

 ファイトはベルノの勝利で終わり、タイヨウは失格に。
彼はノアとは違い、特に何かをされたというわけでもないようで、普通に自我を保っており、クロノも胸を撫で下ろします。
ベルノも人類に関心を持っているという点ではカズミと同じですが、ベルノにはベルノなりの思惑があり、完全にカズミと目的を同じにしているわけではないみたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「GRANBLUE FA... | トップ | 【アニメ感想】「クロックワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事