アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

【アニメ感想】「亜人ちゃんは語りたい」:第7話「サキュバスさんはいぶかしげ」

2017-03-02 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 対サキュバス用の決戦兵器。

 不審者を見たと生物準備室に駆け込んでくるひかり。
高橋先生が彼女の言葉を元に絵面に起こしてみると、それはまさに熊。
まあ、高橋先生も熊っぽいですけどね(笑)

 その頃、早紀絵は校内で謎の美少年と出くわしていました。
明らかに学校の生徒ではなく、日本人でもない様子の少年の名はクルツ。
嘘を吐く時、あまりにも分かりやすい動揺っぷりを見せるという、如何にも怪しい挙動。
おまけに、早紀絵が油断した拍子に接触しても、彼は全く催淫される様子を見せず。
そこに高橋先生がやって来て、不審者の件を伝えます。
すると、話を聞いていたクルツはたまたま居合わせた怪しい男に飛びかかり……。

 クルツが襲った大男は早紀絵の知り合いである宇垣という刑事でした。
しかも、クルツの上司。
高橋先生と同じくらいの大柄な体格であり、高橋先生が熊であるならば宇垣も確かに熊ですね(笑)

 2人きりになると、宇垣は早紀絵に結婚やら恋やらの話を切り出します。
しかし、早紀絵から好きな人がいると聞くと逆に驚愕。
早紀絵は高橋先生が催淫されなかった事を明かしますが、宇垣は反論。
そこで彼女は初めて高橋先生が実は催淫されていた事を知るものの、それを知っても逆に嬉しそう。
その激しい困惑っぷりは見ていて面白かったです(笑)

 一方、宇垣を探すクルツはひかり達と遭遇。
ただ、京子だけは天然なのかお人好しなのか、彼の怪しさには気付かなかった様子。
さらにクルツは佐竹達が早紀絵のいやらしい画像を見ているのを発見し、激怒。
正義感からスマフォを没収しますが、佐竹の熱い主張を受けて、考えを改めてスマフォを返却。
クルツ、もしかして女性だったりするんでしょうか?

 喫煙室で宇垣がタバコを吸っていると、高橋先生もやって来ます。
高橋先生は、かつては亜人に対する偏見が強かった事、今では世間が丸くなったと説明。
その上で、普段は別の仕事をやりつつ、主に管轄内のサキュバスが意図的に人を催淫して悪さを働く人柄かどうか、見て回っているようです。
そうはいっても、彼自身は亜人が平穏に暮らせる事を願っているみたいですが。
個人的に、そんな宇垣と早紀絵の出会いにやこれまでの経緯について、もっとよく知りたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アニメ感想】「風夏」:#7... | トップ | 【アニメ感想】「スクールガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。