スポーツ日進月歩

スポーツのニュース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<サッカー>いざタジクへ ザックJ、ドーハ合宿終了

2011年11月10日 | スポーツニュース
 【ドーハ江連能弘】サッカー・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選第4戦のタジキスタン戦(11日・ドゥシャンベ)を控える日本代表は9日午前、当地で約1時間半練習し、4日間の事前合宿を終えた。

 23人全員が参加し、今回の合宿で初の非公開とした。攻撃パターンの確認などをしたという。DF今野(FC東京)は「いい練習ができた。代表が集まれる機会は少ない。まずは今までやってきたことの復習。少しずつ成長していければいい」と、対タジキスタンよりもチームとして成熟度の向上を重視した4日間を振り返った。

 日本代表は9日午後、ドーハからチャーター機でタジキスタンへ移動。10日は試合会場で公式練習に臨む。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111109-00000087-mai-socc
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します




スポーツ日進月
トップ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観客動員4.2%減=増員はヤクルト1球団―セ・リーグ

2011年10月26日 | スポーツニュース
 セ・リーグは25日、レギュラーシーズン全日程が終了し、今季の観客動員数が1179万2344人(1試合平均2万7297人)で昨年比4.2%減少したと発表した。
 球団別ではヤクルトが134万8259人(同1万8726人)と1.2%増えたが、他の5球団は減少し、リーグ制覇の中日は2.2%減の214万3963人だった。巨人は8.4%減の271万6974人、阪神は3.6%減の289万8432人だったが7年連続リーグトップ。広島は1.1%減の158万2524人、横浜は8.9%減の110万2192人。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111025-00000173-jij-spo
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します




スポーツ日進月
トップ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<プロ野球>代表の常設などWBC協議報告 国際関係委

2011年10月21日 | スポーツニュース
 プロ野球の国際関係委員会が20日、東京都内で開かれ、2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)参加問題について楽天の島田亨・オーナー会議議長が大会主催者との協議内容を報告した。日本代表の常設や、代表の独自スポンサーを募ることを主催者に伝えており、島田議長は「WBC(のスポンサー問題)とは関連しない」と話した。また、井上智治・楽天オーナー代行は「WBCのロゴを使わなければ、壮行試合も可能」との見解を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000093-mai-base
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します




スポーツ日進月
トップ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本、タジキスタンに大勝=次戦で3次突破の可能性―サッカーW杯予選

2011年10月12日 | スポーツニュース
 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選C組の日本代表―タジキスタン代表が11日、大阪・長居陸上競技場で行われ、日本が8―0(前半4―0)で大勝、通算2勝1分けで勝ち点7とした。同組のウズベキスタンも同日の北朝鮮戦で1―0で勝って同7とし、得失点差で日本が首位に立った。11月11日の次戦で日本がタジキスタン、ウズベキスタンが北朝鮮をそろって破った場合、両国が最終予選進出を決める。
 世界ランキング15位の日本は同124位のタジキスタンに対し、開始直後から攻勢に出た。前半11分、代表初先発のハーフナー(甲府)が代表初ゴールを決めて先制。その後も岡崎(シュツットガルト)、駒野(磐田)、香川(ドルトムント)が得点を重ねて前半を終え、後半も中村(川崎)がゴールを決めるなど、攻撃の手を緩めなかった。
 ザッケローニ監督指揮下の日本代表の通算成績は、9勝6分け(PK戦勝ちは引き分け扱い)となった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000121-jij-spo
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します




スポーツ日進月
トップ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<天皇杯>川崎、大苦戦「あってほしくない形」

2011年10月09日 | スポーツニュース
 ◇サッカー天皇杯全日本選手権第5日(8日)

 川崎はMF稲本が右ひざの故障から3カ月ぶりに復帰したが、JFL16位の高崎に大苦戦。ボールは支配したがミスが多く、守りを固めた高崎をなかなか崩せなかった。後半16分、ようやく小林が先制点を奪ったものの、8分後にはDFが何でもないトラップをミスしてボールを奪われ、土井に同点シュートを決められた。

 延長前半の田坂のミドルシュートで何とか勝ったが、相馬監督は「初戦は難しいと思ったが、あってはほしくない形となった」と厳しい表情。一方、高崎の後藤監督は「何人かは脚がつっていた。そこまでがんばってくれた。PK戦まで持っていきたかった」と、選手の健闘をほめた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111008-00000081-mai-socc
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します




スポーツ日進月
トップ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加