乱反射 ~もう忘れて下さいませ。~

と言えるほど、世の中と人生は甘くもウマくもないことは知っている
錯綜する日々の戯言、読書や亜語・仏語・独語学習の備忘録

心斎橋アセンスの思い出

2016-10-12 22:18:33 | 戯言&読書ノート
さよなら宣言をしたからには、今まで買った本・マンガの記憶がドーッとよみがえってきた。

他の書店には置いてなかった本やマンガが結構置いてあって、たくさんたくさんたくさん買った。
「梵天変」の2巻と3巻を見つけて買って、1巻を取り寄せた貰った。
ネットのない20世紀の頃で、しかも私はその当時、ブー太郎だった。

未完だった「鉄錆廃園」完全版の全4巻もここで見つけて、買った。
嬉しかったなあ。

どうしても欲しい本の発売日、待ちきれずに昼休みに図書カードを持って買いに行ったことも、何十回。

文庫化された『照柿』立ち読みして、義兄弟のやり取りにのけぞり、組長の発言に膝カックン。
文庫化された『レディ・ジョーカー』立ち読みして、終章の合田さんの独白に混乱して、うろたえたことも懐かしい。

小説版「ハゲタカ」も買ったなあ。

発売日なのに入ってなかった塚本邦雄の講談社文芸文庫に、怒り狂ったこともあった。

各出版社のPR誌も貰ってた。

そんなありがたい書店だったのに。

心斎橋アセンスの改悪は、<客が選ぶ書店>ではなく、<店が客を選り好みする書店>になったことだろうな。

アセンスの店員さん、異を唱えなかったのか!? そっちのほうも気になるわ。

まあ、ええわ。
お別れ宣言したんだから、もう私には関係ない書店。
これで気持ちの区切りもついた。

さよなら、さよなら、さよなら。
(淀川長治で読むか、オフコースで読むか、それはアナタ次第)

**読書記録**
 オノレ・ド・バルザック 『ゴリオ爺さん』 (光文社古典新訳文庫)


ヴォートラン、退場・・・だけど、また別の作品で戻ってくるんだよなあ。
続きの『幻滅』の出版予定はあるのか、光文社古典新訳文庫さん?

第4章に入ってからのスピード感が凄い。
ページ繰る手が止まらない。
読ませる。


تبّا لك ماساتوسي ناراكاوا  تبّا لك ماساتوسي ناراكاوا
تبّا لك إيماموري داإيسوكي  تبّا لك ساكاموتو شوأوإيتشيروأو  تبّا لك أوإينو توموأو
تبّا لك يومو  تبّا لك يوري  yomu_53 تبّا لك  yomumumuu تبّا لك  
nick01281 تبّا لك  RuTsuKick تبّا لك  kyaeink تبّا لك  natuki239 تبّا لك
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 心斎橋アセンス、行ってきた... | トップ | 今日の朝日新聞夕刊に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。