平凡な日々の記録

普段の何気ない日常の中にこそ笑いあり涙ありの人生があるのでは!?そんな平凡な毎日を綴った日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

怒涛の3ヶ月!?

2012年10月21日 | Weblog
ここ3ヶ月くらいは今までに経験したことなほどのバタバタっぷりでした って、まだ落ち着いてない気もするけど

6月に入籍して慌ただしく7月に新居へ引っ越し そのあとすぐに合宿にコンクールと楽器モード突入 で、今までの寮生活で怠けきった生活から、朝5時起きでの電車通勤が開始 病棟のみんなからの温かい励ましの言葉?に支えられつつ何とか3ヶ月乗り越えました。10月に院外異動で新しい病院へ 新しい職場に慣れる間もなくついに結婚式当日に

結婚式当日の朝はあいにくの雨 1週間前から天気予報を見ては一喜一憂してたけどやっぱり強力な雨男さんが隣にいたら結果は・・・ それにしても当日の朝だというのに全く実感が湧かないのはみんな一緒なのかなぁ なんてことを話つつお花屋さんに頼んでいたブーケなどなど大量の荷物を持って式場へ

美容のスタッフさんにメイクやらネールを2人がかりでやってもらってお姫様気分とはまさにこのこと でも慣れないから逆にちょっぴり緊張しちゃいました ドレスに着替えるともうここからはノンストップ 写真撮影に挙式のリハーサルと分単位でのスケジュールが。

そんなこんなでいよいよ挙式スタート。母親にベールダウンしてもらって父親とバージンロードを歩いているとホントに結婚するんだなぁ、なんてようやく実感が 緊張の中みんなに見守ってもらって無事に挙式が終わると、ちょっとホッとした気持ちとうれしさでいっぱいに 心配していたお天気もお祝いしてくれたのか太陽が顔を出してくれました 教会の外でのフラワーシャワーもできてほんとよかった

 

披露宴もみんなにたくさんおめでとう!って祝福してもらって、ホントに今までにないくらい幸せいっぱいでした 

 

お色直しでは迷ったけど和装にしました 洋風の会場だったから最後までかなり悩んだけど、やっぱり着物を着られてよかったかなぁ スタッフさんには私よりも旦那さんの紋服が「ホンとよく似合いますねぇ~!」って絶賛されてたけど 



ブレイズのメンバーによるアンサンブルもとってもうれしかったなぁ 大好きな曲いっぱいだったから今度は私も一緒に演奏したい!なんて思っちゃいました 楽しみにしてたガーデンでのデザートブッフェも無事にできてホンと楽しいひと時でした

その後の2次会にもたくさんの先輩や友達に来ていただいてとってもうれしかったです 式場の方での片づけやら2次会会場への移動やらで大幅に遅刻してしまって、みなさんには本当に申し訳なかったんですが、温かくお祝いしていただいて感謝の気持ちでいっぱいです





職場の後輩たちが作ってくれたスタッフみんなのメッセージDVDのサプライズに感動 ホンとたくさんの人に支えられてきたんだなぁ、って改めてありがとう!の気持ちでいっぱいになりました そして旦那さんからの手紙も知らなかったのでちょっと思いがけず感動しちゃいました

当日はゆっくりみんなと話す時間がなかったり、お礼もまだちゃんと伝えられてなかったりですが、本当に本当にみんさんありがとうございました そしてこれからも2人どうぞよろしくお願いします 

年内には新居の荷物を片づける予定なので是非遊びに来てくださいね って、宣言しとかないと全く片づけられない気がするんで
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな一歩!

2012年06月28日 | Weblog

気が付けば更新も随分と滞ってしまいましたね・・・ 何かイベント事がないとなかなか日記を書くことがなくなってしまって そんなこんなでご報告することが

実は私6月20日に入籍しました とは言え、当日は朝から仕事だったもんで旦那さんに市役所に行ってもらうことに・・・。おかげで1週間くらい経ったもののまだ全く実感が湧きません アンケートとかで名前を書くときもうっかり旧姓で書いちゃうもんでまだ1回も新しい名前を使用してません 7月には引っ越しやら結婚式の準備なんかも本格始動したりとマリッジブルーになる暇なく、やることに追われて普通にちょっぴりブルーな今日この頃です

まあこれからも大変なこといっぱいあると思うんですが、いろんな人に協力してもらいつつ2人で新たな一歩を踏み出していけたらいいなぁ、と思います 何だかちょっぴり真面目な感じになっちゃいましたが、今後ともどうぞよろしくお願いします
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

演奏会&その後

2012年02月01日 | Weblog
先日ブレイズの記念すべき第1回定期演奏会が終了しました~ 演奏会の余韻を引きずりつつも容赦なくやってくる仕事の波にもまれ・・・疲れだけは引きずりつつ普段の生活に復帰してきた感じです

本番前日も時間ギリギリまで練習 やることはやった と、胸を張って言いたいところだけど、まだまだ練習したかったところがいっぱいありすぎて不安は募るばかり 今回初めての定演ってことで曲数もこれまでより多くて自分自身でも練習不足の部分があったり、係の仕事も分かってないことが多くて・・・

そんな中で迎えた本番当日はまさかの雨模様 年明けてからあんなに晴天続いてたのに・・・強力な雨男がいるに違いない そんな中で迎えた本番・・・いつもながら舞台袖での緊張も でも、これから始まる時間がとても待ち遠しくてワクワクしてる自分もいたり 本番中は緊張もしたし練習通りできたりできなかったり いろいろあったけど、このみんなと演奏している時間がいつまでも終わらないでほしいなぁ、って

長いようであっという間だった本番 終わってみれば悪天候の中、500人を超すお客様 これも各係の人やみんな1人1人が頑張ったおかげなんだと感謝です 今回吹奏楽に全く無縁だった友人を何人か招待していたので、不安なところもあったんだけど、「初めて吹奏楽を聴いたけど楽しかった。」「また聴きたい。」なんて言葉をいただいてちょっと感動 今回、演奏面はもちろん準備面での反省もたくさんあるので、これを1つずつでも改善して次につなげていけたらいいなぁ、なんて思いました お客様はもちろんお手伝いなどたくさんの人の協力に支えられて何とか無事に演奏が終了できたことに感謝です ありがとうございました~

  


そして・・・毎年恒例の演奏会打ち上げ~温泉旅行へ って、参加するのは2回目なんだけど 夜勤明けなんてなんのその 豪雪に見舞われてる?新潟へ行ってきました ふわっふわの雪にテンションもあがりっぱなし うどんすきに舞茸天に爆弾おにぎり と、たらふく美味しいものを食べ、もちろん忘れちゃいけいない美味しいお酒もいただいちゃいました そして、ちゃんと?演奏会のDVDを見ながら反省会をしつつ・・・サプライズケーキの解体ショー と、のんびり&リフレッシュさせてもらいました

  


  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ♪

2011年12月22日 | Weblog
今年も残すところあとわずか 振り返ってみればいろんなことがあった一年でした 前半はちょっと浮き沈みを繰り返していたものの・・・夏にはコンクールそして屋久島の旅 さらには那覇マラソン などなど・・・いろんなことにチャレンジした一年だったような気がします 周りの人に支えられて頑張ってこられたんだなぁ、と改めて感謝です

来年はどんな年になるのかなぁ~、なんて考えてる前に大切なお知らせが 例年は12月にやっていた演奏会ですが、今回は年明け早々に開催することになりました しかも今回はブレイズの記念すべき第一回定期演奏会 また新たなチャレンジになりますが、是非お時間のある方は聴きに来てくださいね 連絡いただければ、チケット用意しますのでお気軽にどうぞ~





東京ブレイズ・シンフォニックバンド
第一回定期演奏会



日時:2012年1月22日(日)
開場:13:30 開演:14:00


開催場所:江戸川区総合文化センター・大ホール


交通手段:JR総武線/新小岩駅 南口より 徒歩15分

新小岩駅南口から
【都営バス(1)(2)番のりば】
◆新小22新小岩駅~(一之江駅)~葛西駅行き
◆新小21新小岩駅~(船堀駅)~西葛西駅行き
「江戸川高校前」下車 徒歩3分  または「江戸川区役所前」下車 徒歩5分


【曲目】

ミュージカル「ミス・サイゴン」より ( シンベルグ作曲/宍倉晃編曲)

「ラピュタ」~キャッスル・イン・ザ・スカイ~ (久石譲作曲/森田一浩編曲)

リトル・マーメイド・メドレー (A.メンケン作曲/星出尚志編曲)

歌劇「トゥーランドット」より (ジャコモ・プッチーニ作曲/後藤洋編曲) etc.


チケット:500円(全席自由)


当団HP http://wiki.tbsb.info/
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

初めての☆42.195km☆

2011年12月09日 | Weblog
めんそ~れ~!ってことで『那覇マラソン』に参加すべく沖縄に行ってきました もともとそんなに運動が好きなわけでもなく、学生時代も吹奏楽しかやってこなかった私にとってフルマラソンはかなり無謀な挑戦 でも、どこまで自分が頑張れるのかチャレンジしてみたい ってことで、ほぼノリで?同じ楽団のメンバーと参加を決めてしまったわけです


大会前日に沖縄へ。12月でもまだ温かくて東京の秋くらいの気候かなぁ そんな南国の風を感じながらまずは大会のエントリーへ 競技場には参加するランナーがいっぱいで若い学生さんからかなり年配の方まで様々。お祭りみたいに賑やかな雰囲気でした 初心者な私としてはみんなすごいスポーツマンみたいに見えてちょっぴり緊張~

 


大会当日・・・市内の至る所でゼッケンをつけたランナーの姿が 事前に申告した予想タイムに基づいて早い人から順番に並ぶので、私たちはかなり後ろの方からのスタートに 道路いっぱいにランナーが並んでてお正月の初詣の行列みないな雰囲気

 


午前9時ついにスタート と、いってもまだ私たちの地点ではのろのろと歩き始めるくらい。10分くらいしてようやくスタート地点を通過 ここから始まる未知の体験にワクワクと不安が入り混じってテンション 沿道にはたくさんの地元の人たちが応援に来ていて、ブラスバンドが演奏していたりとホンとお祭りムード 参加してるランナーの中にも沖縄らしくゴーヤの全身タイツや大きなかぶり物をしてる人がいてみんな思わず笑顔に

程なくして国際通りに突入。ランナーの多さもあって一緒に参加していたメンバーとは離れてそれぞれ自分のペースで走っていくことに ここからはホンとに自分との闘いなんだなぁ、なんて

お天気に恵まれ過ぎて?雲ひとつないくらいの晴天 気温も20℃を越えてかなりの暑さに ほぼ5kmごとに大会で設置されてる給水所があるのでこまめに水分補給を。よくテレビで見るみたいに走りながらカッコよく水を取って・・・と、思ったら人が多すぎて給水所の前は大混雑 しかも飲み終わったコップが道路に散乱してるので転ばないように走りながらとかなりのサバイバル でも、給水所以外にも沿道にお水やらバナナとか黒糖なんかの食糧を差し入れしてくれる地元の人たちがたくさんいて、ホンとその温かさには感激でした

15kmを過ぎたあたりから少しずつ市街地を抜けてサトウキビ畑が広がるのどかな田舎道に これまで今回のマラソンに向けて一応10kmくらいのランニングはしていたものの、さすがに15kmを越えてくると今までに経験したことのない未知の世界への扉が開かれた感じが どこか足が痛いとかはないんだけど、ペースがこれまでよりも明らかに 1kmごとに距離を表示した看板が立ってるんだけど、その看板になかなか出会えない・・・ そしてここら辺がずっと緩やかに続く上り坂だったりと早くもマラソンの過酷さを実感することに。

もう1つの大きな壁・・・「時間制限」が 最初の関門が21.3kmの中間地点。ここを12:15までに通過しないといけないので、歩きたい気持ちを抑えて時計を見つつ走ることに 中間地点を11時半過ぎには通過したものの、このあたりから前半の給水が響いたのか吐き気が・・・ でも次の関門である33.1km地点を14時までに通過しないといけないことが判明(←事前に大会要綱を読んでなかったもんで) 歩いていては間に合わないかもという不安と一旦歩いてから走り出すまでの辛さを考えると、とにかくゆっくりでもいいから走り続けるしかないという結論に でもまだ半分も残っているという事実と遥か彼方まで続くサトウキビ畑・・・そして吐き気&吐き気 あまりの辛さに立ち止まってしゃがみ込んでしまった私。すると後ろから来た女性ランナーの方が声をかけてくれて沿道の方からお水をもらってくれたり少し一緒に歩きながら励ましてくれたりと、ホンとにその優しさに救われた思いでした

なんとか33.1km地点を時間内に通過したものの、次は15:15までにゴールしなくてはいけないという事実が(←ホンと事前に確認しとけって感じですが) ここからの約10kmは折れそうになる心を何とか持ち直して一歩でも前へ って、いう葛藤の繰り返し それでもやっぱり残り5kmは想像を絶する過酷さでした ようやく残り1kmになってゴールの競技場にさしかかると、終了時間ギリギリにも関わらず沿道にはまだたくさんの応援の方々が残っていて、その声援に後押しされて思わず泣きそうになりながら競技場の中へ そして何とか時間内に完走することができました 辛かったけど諦めずに走りきってホンとによかったと心から思ったのと、人の優しさ・温かさを実感した42.195kmでした

 

一緒に参加したメンバーも私より前に無事に完走しました そして私はゴール後に吐き気がおさまらず救護室で人生初の点滴をしてもらったというのもある意味いい経験になったのかなぁ その後に待っていたのはこれまた今までに体験したことのない筋肉痛に襲われることに・・・ でもしばらくは何か辛いことがあってもサトウキビ畑を思い出せば乗り越えられる気がします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの島 part2

2011年08月28日 | Weblog
【3日目】
縄文杉の感動と筋肉痛?を引きずりつつ朝7時にはホテルを出発 もののけの森を目指して「白谷雲水峡」へ 入口から滝から流れる清流が迎えてくれていてテンション 少し進むと巨大な岩がそびえ立っててこれを登って進むの~ って、ビックリしてるとその先には急斜面を流れ落ちる「飛流おとし」が。次々に景色が変わるから楽しくてワクワク

  


「さつき吊り橋」からの眺めもまたとてもステキ ここまでは道も舗装されてて、初心者向けのコースなだけあって安心・・・と思いきやここから沢の道に入るとガラッと雰囲気が一変することに

 


沢の道に入るとまたしても本格的な登山道が・・・でもすでに一面が緑の苔に覆われた世界 日の光もどこか柔らかで沢の水に反射してキラキラ輝く苔がとても幻想的 岩に苔が生えてそこに大きな杉が育っていて・・・今までに見たことのない光景が広がってました

  


さらに奥へ進んでいくとちょっとユニークな形をした「くぐり杉」が。名前の通り根元をくぐらせてもらっちゃいました その先にも大きな屋久杉がそびえ立っていてホンと太古の森がそのまま今に残っている感じでした

  


そしてついに「もののけ姫」のモチーフになった苔の森へ。森の奥深く苔に一面覆われていてまさにもののけの森が目の前に広がってました 近くにはヤクシカが当たり前のようにいてホンと映画のワンシーンみたい どこからかこだまが顔を出すんじゃいかなぁ、なんて・・・。

 


さらにそこからもうひと頑張りして(って、ここが一番険しい道だったけど)「太鼓岩」へ。大きな一枚岩が突き出していて眼下に屋久島の山々が見渡せる絶景 今までにこんな景色は見たことない ってくらい感動もんでした 「もののけ姫」のモロとアシタカの名シーン再現したかったけどさすがにそれは恥ずかしかったので雰囲気だけ味わってきました

  




白谷雲水峡を満喫したところで入口まで戻って渓流の途中でお弁当をいただいちゃいました。大自然の中で食べるごはんってこんなにもおいしかったっけ~

 


お腹もいっぱいになったところで1日目途中だった島巡り再開。落差が80m以上もある「大川の滝」へ 滝壺の近くまで行けるので水しぶきを肌で感じつつ壮大な滝に圧倒されちゃいました

 


島の西側にある世界自然遺産に登録された地域を走る「西部林道」をドライブ 細い道の両脇に木々が生い茂っていて昼過ぎでもちょっと暗い。そして道路に普通にいらっしゃいました しかも人間を恐れないので実にマイペース ちょっとその中をお邪魔させてもらいました

 


岬の先端にある「屋久島灯台」へ。どこまでも続く水平線に沈む夕日はとてきれいで一生忘れられないステキな思い出ができました

 


【4日目】
帰りの船までのわずかな時間ながら島で会いたかった人と再会~ 今年の4月から屋久島に移住してガイドをしている高校の時の友人 お休みのところおススメの絶景ポイントを案内してくれました

ウミガメが産卵のためにやってくるという「永田いなか浜」へ。太陽の光が降り注いで白い砂浜と淡い海の水色がとても鮮やかに輝いてました

 

永田川に沿って大きな岩が点在する「横川渓谷」へ。川の源流から注ぐ水は冷たくて飲んでみるととても柔らかくて美味しい 近くでは地元の子供が川遊びをしていて気持ちよさそう 私も着替えさえあれば飛び込みたいところだったけどそこは我慢しました でも時間の流れを忘れるくらい落ち着けるすてきな場所でした

  


屋久島の大自然に触れてると日頃どこかに忘れていた大切なものを思い出させてくれるようなそんな不思議な魅力を感じちゃいました 今回の旅・・・忘れられないすてきな思い出がたくさんできたことに感謝です
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの島 part1

2011年08月27日 | Weblog
夏休みに屋久島に行ってきました~ いつかは行ってみたいとは思っていたんだけど・・・何かに引き寄せられるように?急に行くこと決定しちゃいました でも飛行機やら宿の手配に登山の準備やらで出発まではバタバタでした 旅行の計画はお早めに

※日記の写真は携帯からだと見えないかも~ごめんなさい


【1日目】
羽田から鹿児島までは 鹿児島から屋久島までは飛行機が取れなかったので高速船トッピーに乗ることに その乗継までの空き時間に鹿児島を少し味わおうってことで・・・天文館で『白熊』いただいちゃいました 初めての出会いだったけどその大きさにまずビックリ でも食べてみると意外とぺロりといけちゃうから不思議~

 


トッピーに揺られること約1時間半で屋久島に上陸 島全体が大きな森って感じ。見渡す限り深い緑で空と海の対照的な青さがとっても印象的でした




島に到着してまずは明日の登山用品をレンタルしつつ、ちょっと足を延ばして『千尋滝(せんぴろのたき)』へ。その漢字のとおり「千と千尋の~」の名前の由来となった場所らしい 大きな花崗岩の1枚岩を流れ落ちる滝のスケールの大きさにただただ圧倒されるばかり

 


1日目は翌日の縄文杉登山に向けて早めに就寝しました・・・


【2日目】
まだ夜明け前の3時に起床・・・半分寝ながらも準備をして縄文杉登山のスタート地点「荒川登山口」までバスに揺られて移動 ふと空を見上げると満天の星空が ちょっと勇気をもらっていざ5時半登山開始です 

  


どこまでも続くトロッコ道を進んでいくと少しずつ木漏れ日がきらきらと降り注いできてとても気持ちいい でも時たま欄干のない橋があったりして下を見ると足がすくんでしまいそうになるほど

  


ようやく長かったトロッコ道も終了。ここまで約8キロ でも安心するのはまだまだ早かった・・・ここからが本番 さっきまでの平坦な道からいきなり険しい山道で、もうただただ笑うしかない

 


山道を進んで行くとハートの形で有名な『ウィルソン株』に到着 切り株の中に人が入れるほどの大きさ。これが切り倒されてなかったらどんな大きさの杉になってたんだろう 前を歩いてた人に撮影ポイントを教えてもらってしっかりハートゲットしてきました

 


ここまでくればゴールはあと少しと思いきやまだまだ先は長かった・・・。そして実はここからが世界自然遺産登録地域らしい 2本の杉の枝が一緒になった「夫婦杉」を過ぎてさらに進むと最後の最後に縄文杉のデッキに続く見上げてしまうほどの階段が

  


ここまで来てようやく出会うことができました~ これまで見てきた屋久杉も充分大きかったけど縄文杉はさすがは王者 何千年の時を越えてここに立つ縄文杉の圧倒的な存在感・・・何か言葉では言い表せない感動がありました
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

緊張のあとの脱力感!?

2011年08月09日 | Weblog
久々の日記更新です 何かイベントが終わると日記としてその時の気持ちを残しておきたい衝動に駆られるようで・・・ 

私が所属している楽団が参加した吹奏楽コンクールがこの前の日曜日に終了しました ブレイズの皆さんホントにお疲れさまでした 次の日の仕事は寝坊せずに無事?出勤できたものの全く使い物になりませんでした・・・ そして今日これからの夜勤も・・・しっかり働けるかしら

さて今回ブレイズとしては3回目のコンクール 何回経験してもコンクールに限らず緊張しない本番はないけど、やっぱりコンクールのあの独特の雰囲気・・・全く慣れません 今年の課題曲・自由曲ともやってみたい曲だったけど、いざ練習してみるとそのプレッシャーの大きさに押しつぶされそうになって・・・本気で逃げ出そうかと思っちゃったこともあったくらい でも自分を信じてみんなを信じてなんとか本番無事に終えることができたのはよっかったかなぁ そしてみんなで演奏できる幸せを改めて実感できた本番になった気がします

結果としては銅賞ってことで残念な感じではあったけど、本番終わってちょっと冷静に?録音を聴いてみると確かに講評で言われている通りだなぁ、って思うところも 振り返ると3月から練習始めてすぐに震災があって、練習場所の確保が難しかったり仕事が変則になったりとなかなかみんなで練習できる機会も少なかった今年のコンクール。 不安なところが盛り沢山すぎて自分のことで精一杯になっちゃったなぁ、って 直前になってようやく周りとのバランスとかアンサンブルとか意識するようになったけど・・・そこはちょっとまだまだ不完全燃焼な感じが みんなで1つの音楽を作るって自分としての原点をもう一度見つめるいい機会になったかなぁ、と 具体的にこれからどうしていったらとかまだよく分からないけど、少しエネルギーをチャージして次に向けてまた歩き出したいと思います

とりあえず早く夏休み来て~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せいっぱい♪

2011年05月27日 | Weblog
最近私の周りではにわかに?幸せブーム到来です と、言うのも5月に入ってから結婚式が続けてにあったんで何だか私まで幸せオーラに包まれちゃいました

まずは、最初の配属が一緒だった同期の友だちの結婚式 仕事でも大変な時期を一緒に乗り越えてくれたし、プライベートでも相談に乗ってもらったり・・・そんな友だちの幸せそうな顔を見てるだけで涙が出ちゃいそう って、すっかり気分はお母さんだったりして そんな友だちのリクエストもあってこれまでの「ありがとう」の気持ちを込めて披露宴での演奏・・・少々アクシデントはあったけど少しでも気持ちが伝わっていたらうれしいなぁ、なんて

 

お次は、お世話になっているお姉さん&お兄さんの結婚式 2人のお宅には鍋パーティやら宅飲みやらでお邪魔してはいつも朝まで?お世話になりっぱなしです 普段からステキな2人ですが、結婚式ではいつも以上にステキでした 披露宴もとてもアットホームな温かい雰囲気で私の心までホッと温かくなっちゃいました

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デカっ!

2011年05月11日 | Weblog
気が付いたらGWもいつの間にか過ぎ去ってました~ そんなわけで?平日にお休みだったのでふらっと『スカイツリー』を見に行ってみました

押上駅に降り立つと一面まだ工事中 スカイツリーはどこ~??って思ったら目の前にドーンってな感じで建ってました 近すぎて首が折れそうになりながらもそのド迫力のタワーを 気が付けば周りにも同じように写真撮ってる人々が・・・でもみんな首折れそうになりながら口をぽかーんってしてる図が同じでちょっと見てて面白かったりして

 

そしてお腹も空いたのでテレビでも紹介されてた『タワー丼』を捜索 どうやらお蕎麦屋さんの天丼らしく限定20食くらいみたい 夕方近くにも関わらずまだあるってことなので早速注文 現れたエビ天の迫力は相当なもんでした 後ろをどんぶりの蓋で支えられて・・・ほとんど芸術作品です お味は天ぷらがサクッとしてて美味しゅうございました



その後はカロリーを消費すべく隅田川沿いをぶらぶら 吹き抜けてく風も気持ちよくてたまにはのんびり知らない街を散策するのもいいのかもと思ってみたり そんなこんなでちょっと歩くともうそこは浅草 最後に今さらな気もするけど浅草寺でお参り 下半期もよろしくお願いしま~す
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加