暇人のページ

ついに2016年!今年も全力で頑張ります!

2017年5大NEWS!

2017-12-30 19:53:35 | その他

すっかり更新をさぼっているうちに、前回の更新から1年経ってしまって2017年ももう終わり。

最近はFacebookやtwitterなどのSNSがあるので、いちいちブログを立ち上げるのが億劫になったってことですな。

ただ、せっかくなので久しぶりに書いてみる。今年も色々ありました。Yeah!

1.4年ぶり2回目の転職

 2月に外資系の会社を辞め、日系の会社に就職。昔々NECに入社した時は、まさか自分が2回も転職するなんて

 夢にも思わなかったさ。幸いにも自分の経験を活かせるうえに、周りのみんないい人で助かっている。

2.祖母逝く

 7月に父方の祖母を亡くした。享年94。よく長生きしてくれたものと感謝。実は、父から訃報を知らされたのは

 亡くなってから2か月以上後のことであった。なんでも、本人が周囲に知らせるのを頑なに拒否したとか。

 温厚な祖母の一面を見た気がする。真意は分からないけど、大正生まれの意地だったのかな。

3.台湾出張×5回、合計100日

 新会社での入社日、社内規定の説明があったが、海外出張については何も説明がなかった。「恐らく行くことはめったにないと

 思いますので。」人事にそう言われ、今度の仕事は国内中心かと思ったさ。

 その2か月後、私は台湾にいました! なんでやねん!その後も1か月ペースで行きまくり、ついには合計100日の自己新記録!

 まあ、過去の人脈を生かせるし、台湾のメンバーもいい人揃いなので仕事はやりやすいけど。

4. 東京ディズニーランドへ行く

 中学生の時以来、25年以上ぶりだと思うが行ってきた。祝日中抜けの平日に行ったので空いていると思ったのが大間違い。

 なんだ?120分待ちって!!それでも久しぶりのエレクトリカルパレードは楽しかったけど。

5.水泳はご無沙汰・・・。 

 最後の日本実業団にも出られなかったし、今年すっかり水泳はご無沙汰となってしまった。全く練習していないわけでは無いし、

 モチベーションを失った訳でもないので、来年はなんとか復活したい。子供も小学校に上がるし、少しは自分の時間が増えるかな。

 

そんなわけで、駆け足で書いてみた。来年はどんな年になるかな?喪中のため新年のあいさつはできませんが、皆様よいお年を。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 5大NEWS

2016-12-31 06:49:25 | その他

さて、今年も残すところあと1日となりました。あっという間の1年でしたが、毎年恒例の5大NEWSの発表です。

1.引越し
 今年のメインイベント、引越し。契約などは昨年済ませていたので後は荷物をまとめて移動するだけ
 だったが、これが大変だった。最初の家に引っ越した時はこんなに大変ではなかったが、前の家にいる間に
 家族が2人増えたので、その違いが大きかった。
 今のところ新居に特に不満はない。周りも私と近い世代の人たちばかりでフレンドリーだし、やはりエキチカは良いね。
 もっとも、また新たな住宅ローンを背負い込むことになってしまったが、今回はのんびり返します。

2.インフルエンザ&ストレス性胃炎
 前者は引っ越し直後、後者は仕事が忙しかった10月に罹患した。いずれも人生初。結局のところ、抵抗力が落ちていたのだと思う。
 とはいえ、ちょっと忙しくなったぐらいで簡単に罹患してはいただけない。
 友人の医師からは「からだ弱すぎ」と指摘される始末。現在、食生活などを見直し中。

3.マイムスメ入園
 昨年のマイムスコに引き続き、マイムスメも同じ幼稚園に入園。ここまで長かったような、あっという間なような。
 サマーキャンプやスキー旅行などイベントの多い幼稚園だけど、いろいろな事を勉強して欲しい。

4.初四国&初波照間島&北海道×3
 今年のプライベート旅行。まず初四国は高知県、水泳の実業団大会で行ってきた。高知はとにかく坂本龍馬の街という印象。
 「リョーマの休日」なんていう看板も目についた。ここのカツオのたたきは今まで食べたカツオの中で一番美味しかった。
 「日本最南端の島」波照間島にはつい最近、家族で行ってきた。12月半ばだというのに日中は28℃まで気温が上がり、真夏の陽気。
 エメラルドグリーンの海に夜は辺り一面の星空、南十字星は見られなかったけど、十分面白かった。
 ただ、あくまで個人的な意見だが、食べ物に関して言えば北海道に軍配が上がると思う。その北海道には今年個人で1回、家族で2回
 帰省した。今回は久しぶりに道東へ行けたので良かった。

5.台湾出張
 最後に行ったのが昨年の4月だったので、今年は無いかなーと思いきや、11月、12月に立て続けの2連発。
 事情があって一回帰国したけど、中4日での再渡台は本当にキツかった。
 今後とも台湾とは仕事で関わる事が多いので、人知れず中国語の勉強を開始。なんとか日常会話ぐらいは
 こなせるようになりたい。次は1月に出張予定。

良いことも悪いこともあった激動の1年でした。2017年はどうなるかな?良いことばかりだといいけど。
それでは皆様よいお年を。

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11回目(台湾出張)

2016-12-13 21:09:29 | 仕事

前回から中4日での台湾出張(11回目)に行ってきた。備忘録もかねて今回の出張で学んだことを箇条書きで書いてみる。

・成田空港は遠くて広い
 多少値段が張っても羽田空港が断然良いことを再認識。
 今回成田までのバスが渋滞で使えず、当日急遽電車に乗り換える羽目になり、非常に大変だった。
 ついてからイミグレまでの距離も遠いし、超不便。次回は羽田にします…。

・台湾の小銭は日本と似ている
 ズボラな私ならではであるが、財布の中で日本円と台湾ドル(小銭)が混ざってしまい、たまに間違えて日本円で支払いしそうになった。
 紙幣ではこういうことは起こらないが、小銭は色も形もそっくりなので要注意。
 
・日本人であることの難点
 レストランだろうがコンビニだろうが店員は必ず中国語で話しかけてくる。これが欧米人ならそうはならないだろう。
 完全に見た目で判断されている。

・中国語の必要性
 ホテル…英語でOK
 タクシー…運転手による。若い人は英語OK。
 新幹線の駅…英語OK。これは当たり前か。
 デパートの警備員…道を尋ねるのに英語でトライするも敢えなくNG。やむなく片言の中国語と身振り手振りで会話。

・蒋介石、蒋介石、蒋介石。。。
 言わずと知れた台湾建国の父、蒋介石。休日に現地のメンバーに彼が眠る墓、慈湖陵寝へ連れて行ってもらった。墓のある建物は常に二人の兵士が
 守っており、1時間おきに衛兵交代の儀式が行われる。これは台北の中正記念堂と同じだと思う。
 で、その建物からちょっと離れたところにある公園には、たくさんの蒋介石像が。。。話を聞くと、民主化が進むにしたがって公共の場所に建てられていた
 たくさんの銅像も不要になっていき、、像が破壊されることを恐れた人達が各地から彼の眠るこの場所へ集めたとか。その数、200体以上というから驚きである。
 というか、正直言ってかなり不気味だった。

・から揚げの入ったマヨネーズ付き巻き寿司

 今回も色々気を使ってもらって、様々な日本料理店に連れて行ってもらった。もちろん、ラーメンなんかは日本と遜色ないように思えた。
 ただし、寿司店?らしき店で出てきたのがコレである。 なんだか同じものをアラスカでも見たような気がする。味はイマイチ。
 それ以前に、これは絶対に寿司ではない。いやそれ以前に日本料理ではない。彼らはまさかコレを本物の寿司と思っていないだろうな。
 ちなみに私は鉄火丼?を注文したが、こちらは味はまあまあだがマグロが完全に凍っていた。日本ならクレームものだろう。

・箸やスプーンをティッシュで拭く文化
 私が最初に台湾へ来た時に驚いたのがこれである。要は汚いということですね。次回はマイ箸を持っていこうかな。

・「君の名は」
 今回これを台湾で見られたのが大きな思い出。台湾人も笑いのツボは同じでした。

・「の」付き無理やり日本語
 かつてニュースでも流れていたが、「の」を付けて無理やり日本語感を出す傾向が少なからずあった。特に飲食店。
 「営業の時間」など、無理にのをつけてくれなくてもわかるってのに。「カリカリのカレー」など、全く意味不明な文言もあった。
 まあ、我々も変な英語や中国語を使っているので、そこはお互い様ということで。

・高雄
 マジで暑い。12月というのに気温が28℃もあった。半袖で十分。一方、新竹は20度代前半なので、半袖ではちょっと厳しい。

来月には12回目が控えております…。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10回目の台湾出張

2016-11-27 08:01:59 | 仕事

またまた広告が出現…。久しぶりの更新ということで、久しぶりの台湾出張のことを記しておく。
約1年半ぶり10回目の台湾出張、9泊10日で新竹まで行ってきた。
久しぶりでかつ、桃園空港に行くのは今回初めてだったのでもっとナーバスになるかと思いきや、
やはり経験がものを言ったのか、大した混乱もなく、全てスムーズに進めることができた。

台湾の良いところは、日本と同様にコンビニが充実していることと、台湾料理が口に合うところ。
(アメリカへ出張した時はこの2点で大変だった。。)
特に牛肉麺は私のお気に入りである。
また、夕食は現地のメンバーが気を使ってくれて、日本料理店に何度か連れて行ってもらった。
寿司、焼肉、ラーメン、すき焼き等々。
私が味に鈍感なだけなのかもしれないけど、特に違和感なく食べられた。
それにしても、味噌汁のサイズがやたら大きいのは何故だろう?なぜか食後に出てくるし。
考え方の違いだろうか。あと、「お汁粉」と称して出てくるものが日本のものとは全く違う。なんだあれは?
餅では無くてゼリーのようなものが出てきた。

毎回来るたびに後悔しているのは、「なぜ中国語をもっと勉強しなかったのか?」ということ。
仕事をする上では英語だけで事足りるが、ローカルなレストランやタクシーではそうは行かない。
今回も最終日、ホテルから会社に行こうとしたら、私の大きな荷物を見たタクシーの運転手が直接空港へ向かおうとしたので、
「いや、いったん会社に寄って会議してから空港に向かうので、また来てくれ。」と言おうとしたが全く伝わらず、結局は筆談。
本当は彼らも英語を使えるようになった方がお互い良いのだろうが、実際に通じないと困るのはこっちだからね。

まあ、こっちに長年住んでいても全く中国語を覚えない人も実際いるのだが、私はそれはちょっと違うと思っている。
現地にいるのなら現地の言葉や文化を学習すべきというのが私の考え。
幸いにも14年前だが1年間勉強した過去があるので、復習を兼ねて今度こそ!と勉強をスタートした。
せめて中学生レベルにはなりたい。

さて10回目が終わったばかりだが、実は11回目が3日後に迫る。そして年明け早々には12回目が待っている。
本当に休む間もない…加油!再見!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺のセリーグ終了2016

2016-09-22 10:31:00 | その他

うーん…2か月以上放置していたら、変な広告がブログ上に出ていた。たまには更新せねば。

ということで、まだCSは残っているが、今年のセリーグはカープの優勝で幕を閉じた。まあ、あれだけブッチぎったのだから、他球団は言い訳もできまい。

私もまさかカープが優勝するとは思っていなかったが、評論家が予想を外しまくっているのだから仕方ない。それぐらい予想外だった。

巨人はまだ順位確定していないが、今年も恐らく2位だろう。昨年に引き続いて打てなかった印象が強い。高橋新監督も個人的にはよくやった方だと思っているが、今のままの戦力だと来年も優勝は厳しいかな。同じく新監督の阪神はAクラスに入ると思っていたが、笑ってしまうぐらい論外だった。横浜は初のCSだけど、私は3位には入るだろうと思っていたので、特に意外には感じなかった。

ところで、今回の優勝でたくさんのカープファンが喜んでいる姿をテレビで見て、郷土愛というものを強く感じた。もちろん25年ぶりということもあるが、きっと巨人や阪神が優勝しても、ここまで盛り上がらなかっただろう。

だったらお前は日本ハムを応援しないのか?と言われるかもしれないが、実はハムが札幌に拠点を移したのは2004年で、私が就職で関東に来たのが2002年でそれよりも前なので、残念ながらそこまで強い思い入れは無い。そうは言っても、この前東京ドームまで試合を見に行ったし、札幌ドームは実家のすぐ近くだし、応援はするけど。今年は優勝できるチャンスなので、ぜひ頑張ってほしい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリット・デメリット

2016-07-09 17:14:23 | 家族

早いもので、2月末に引っ越してから4か月が経った。
特に意味は無いが、旧居(前)と新居(今)でメリット・デメリットを比較してみた。

●良くなったところ
・駅が近い
 旧居も近かったが、それと比べても雲泥の差。電車の時間の5分前に家を出ても余裕で間に合う。
 また、最寄り駅は小田急線だが、1駅乗ると田園都市線に出られるメリットも大きい。

・低層階(3F)である。
 旧居は10階建ての最上階で、エレベータがなかなか来なくてイライラしたこともあった。
 また震災時やメンテナンスでエレベータを使えない間は超大変だった。
 新居は4F建ての3Fなので、階段で十分。
 正直言って、もう高層階はコリゴリ。

・地下駐車場
 前はマンションのすぐ近くの青空駐車場を借りていたが、特に雨の時なんかはそこまで歩くのが面倒だった。
 特に子連れだとキツい。今は地下駐車場なので雨の日も濡れずに超便利。

・同世代のファミリーが多い。
 旧居は年配の方がほとんどだったので、気を使うことが多かったが、今回は両隣ともに私と同様、
 小さな子連れのファミリーで同世代なので気が楽だ。他の住民も同世代が多く、変なトラブルに
 巻き込まれることもなさそう。
 
・静か
 前は繁華街と言うこともあって、夜も周りが騒がしかった。
 目の前にコンビニがあり、若者が夜中にそこで喧嘩して、ポリス登場なんてこともあった。
 また、大きな道路の目の前だったので、救急車や消防車が走ることも多く、結構うるさかった。
 その点、新居は昼も夜も静かである。

・治安
 前は、ヤーサンの抗争で発砲事件が発生したり、通り魔が出たり、ごく最近も殺人事件が発生して
 全国ニュースのトップを飾っていた。今は平和です…。

●前のほうがよかったところ
・最寄駅にエスカレータが無い。
 まあ、歩けってことですね。

・ファーストフード店が少ない
 前はマックや松屋がすぐそばにあったけど、今は周りが個人経営の店ばかりで、チェーン店が「箱根そば」ぐらいしかない。
 パッと何かが食べたくなった時に選択肢が少ない。

・管理組合の役員が速攻で回ってくる
 小規模マンションの宿命ですね。私自身、今年は免れたが来年は当番になりそう。

・景観
 旧居は窓から見渡す限り何も遮るものが無かったが、今は目の前が壁。ただ、実生活には影響なし。

・洗濯物が乾きにくい
 旧居は高層階で日差しが強く、風も吹いていたので、洗濯物があっという間に乾いていた。
 新居も日当たりは良いが旧居ほどではないので、曇りの日などは浴室乾燥機が必須。

全体的にはメリットが多くて大満足です。ただ、1年、2年と住み慣れていくとまた印象は変わるんだろうな。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Doutou

2016-05-07 07:23:01 | ツアー・飲み会

この3月とGWに2回、道東へ行ってきた。1回目は自分のみ(+友人)、2回目(今回)は家族連れだ。
微力ではあるが、故郷へお金を落としてきた。特に2回目はホテルで1泊したということもあり、
総額25万円以上が吹っ飛んだ。まあ、北海道の経済発展に貢献できたのでよしとしよう。

札幌市に20年以上住んでいた私ではあるが、いわゆる札幌、小樽(平たく言うと函館や旭川もかな)などの
道央圏と道東は全く別の地域だと思っている。
道東の魅力は数えたらキリがないが、一つ挙げるとすれば、自然がたくさん残っているところ。
もちろん、札幌にも自然は多いし、今住んでいる神奈川にも自然が残っている箇所はあるが、
残念ながら道東とは比べ物にならない。

今回訪れたのは、屈斜路湖~摩周湖~阿寒湖~オンネトー…この中ではマイナーだがオンネトーが一番良かった。
季節や見る場所によって湖面の色が変わることから、通称「五色沼」と呼ばれるオンネトー。
今回はエメラルドグリーンの湖面と、それに映る雌阿寒岳、雄阿寒岳が絶景だった。カエルもいっぱいいたけど。

ただ、問題は移動距離が長いということ。最近、道東自動車道が阿寒まで繋がったとはいえ、
たとえば車で札幌から摩周湖まで行こうと思うと、ノンストップでも5時間はかかってしまう(約400km)。
なので今回はいつもの新千歳空港からではなく、女満別空港からレンタカーを借りて湖巡りをした。
これだとそれぞれの湖までせいぜい40km程度なので、時間もあまりかからず楽だった。
ただ、最後そこから札幌の実家まで帰るのに400kmのドライブが待っていたわけだが…。

そんなことで、最近、函館まで新幹線が繋がって盛り上がっているが、私としては新幹線よりも高速道路をもっと
伸ばしてほしい。もちろん、新幹線が函館から釧路や稚内まで伸びてくれるとありがたいのだが、
採算的にあり得ないし。

次回もし道東へ行くとしたら、今度は更に東の根室~納沙布岬のあたりだろうか。風連湖にも行ってみたい。
ただ問題は、たとえ釧路空港からスタートしても、そこから根室まで150kmあるという事実。
そして、根室~札幌の実家までは450km走らないといけないという事実。道東自動車道が根室まで繋がるのを待つか…
いつになるか知らんけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外資系企業に勤めるということ4

2016-04-13 20:59:16 | 仕事

「仕事で英語が使えるなんていいねぇ。」と言われることが多いが、実際やっている方はかなり大変。
そんなことで、第4弾。

・飲み会も英語である
 まあ、外資系ではあり得る話だが、ただでさえあまり好きでない会社の飲み会の共通言語が
 英語となってしまうと、苦痛度がさらにパワーアップ。無言の地蔵と化すこともしばしば。 

・アメリカも学歴社会
 会社にもよると思うが、少なくとも私の会社は学歴社会らしい。
 関連部署の課長が社内論文を書いたとき、協力者として私の名前を貸したが、
 大学名と専攻を記載する必要があった。なぜ出身大学を聞くのか疑問だったが、それを聞いて納得。
 まあ、アメリカの人間が私の出身大学を知っているとは到底思えないけど。

・テクニカルランチ
 彼らは日本の会社と違って、ランチ時間は適当である。適当な時間に食堂へ行って、適当に帰ってくる。
 それが彼らの文化であり、日本のランチタイムが1時間ぴったりであることを知ると大変驚くそうな。
 Boiseに出張した時の事だが、ある日の11時に「テクニカルランチ」が予定表に入れられたので、
 何をやるのかと思いきや、車でローカルのハンバーガーショップに連れて行かれただけだった。
 当然、仕事の話などナシ。…どこがテクニカルやねん!

・昼礼
 うちの部署ではやらないが、隣では毎日昼礼をやっている。それを見たシンガポール人から
 「彼らは何をやっているの?」と聞かれた。なるほど、朝礼も昼礼も日本独自だったか。

・大阪旅行
 関連会社の台湾人から「今度、大阪を旅行するんだけど、どこか良いスポット知らない?」とメールが来た。
 なんで僕に聞くねん!と一瞬思ったが、そういえば僕らも台北の人に高雄のことを聞いたりすることが
 あるなと思い直した。結局はグーグルで調べて返信したさ。

・「ええっと」の意味
 アメリカの顧客との電話会議において、(当然英語でのやり取りだが)こちらの担当が口癖で「ええっと…」と
 繰り返すのを聞いて、向こうで「あのEettoというのはどういう意味なんだ?」と話題になったそうな。
 辞書には載ってないんだっけ?

・桜
 ソメイヨシノは美しい。シンガポール人から「今まで花なんて全く興味がなかったけど、日本の桜を見て考えが変わった。」と
 言われた。これは私も同感、札幌育ちの私はこちらに来るまでソメイヨシノについては知らなかった。
 桜と富士山、これは日本人が世界に誇れるものだと思う。

最近、アメリカ人とサシで電話しても通じ合えるようになりました。少しは成長したのかも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

15年目

2016-04-03 15:59:40 | 仕事

この4月で関東に来てから15年目を迎えた。
あっという間のようにも思えるが、結婚、出産、転職、引越しなど色々あった。
特に結婚してからイベントが増えたと思う。
就職する前にある程度の青写真は描いていたが、全くその通りにはならなかった。
仕事一つとっても、まさか自分が転職するなんて思わなかったし、しかもそこは外資系だったし。
ビックリですよ。

今は桜がちょうど満開。
14年前の3月28日だったと思う。北海道から川崎に出てきて、ちょうどそのとき桜が満開だった。
羽田空港から川崎へ向かうバスに乗っていて、窓の外から桜を眺めていたが、とても新しい生活への
期待に胸を膨らませて…という気持ちにはなれず、はっきり言って超憂鬱だった。
それから毎年満開の桜を見るたび、その時のことを思い出す。
そういえばあの時は、新千歳→羽田行きのチケットを予約したつもりで、逆方向を買っていたことに
空港で気づいて超あせったっけ。結局、キャンセル待ちでゲットして事なきを得たけど、
当時は生きた心地がしなかった。

さて、あと15年たったら果たしてどうなっているか…今のうちに色々考えてはいるが、
残念ながらきっとこれも外れるんだろうなぁ。。。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ

2016-03-21 18:32:24 | その他
東京は桜開花宣言とのことだが、私の心は晴れず…。
先週、この年になって恐らく人生初めてのインフルエンザに罹患した。

月曜の夕方からおかしくなり、仕事を早退して自宅で寝込む。次の日の早朝、内科で「誠に残念ですが、当たりです。」
と言われ、インフルエンザB型に感染していることが判明。
最初の3日間は高熱で苦しみ、熱が下がってからの3日間は関節痛と戦った。
1週間ほぼ寝たきり状態。PCを持って帰っていたので、木曜日に自宅から電話会議に参加してみたが、
30分たたないうちに頭が痛くなりギブアップ。結局、仕事は火曜日から全休となってしまった。

それにしても、どこで罹ったんだろう?先月から職場で大流行していたので、うつったのかな?
まあ、今更後悔しても仕方ないので、明日からまた頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加