ハーモニカ演奏ボランティア日記 「あきらとマドンナ」

ハーモニカと民族楽器の演奏を行い
季節に合わせた選曲を心がけ皆様に喜んで頂けるよう努力をしています。

看取りは病院か施設か・・ 6/17(土)AKN様NO.94

2017年06月17日 | 音楽ボランティア ハーモニカ演奏
 未熟な我々を長い間見守って育てて頂いたと言っても過言ではないAKN様・・・
今まで63か所でボランティア演奏をさせて頂いてきましたが
その中でも2番目に古いご依頼先です


娯楽室には「あきマド」の写真が飾られています。(恐縮しています)
施設長にも色々良くして頂いていますが
このたび、初めのころからいらっしゃった入所者お二人が相次いで亡くなりました
お二人とも施設で看取られたと言う事です

最近は何でもかんでも病院にかつぎ込むのではなく
ご本人の様子次第、家族との話し合い・ご希望で施設で看取って頂く・・
そうのような事例が増加しているようです
確かに・・機械的な対応で天寿を全うするのではなく
自分が暮らした部屋・面倒をみてくれたスタッフに囲まれて
あの世とやらへ旅立つのもいいのかもしれません。
施設長をはじめスタッフの皆様も大変だったと思います。
しかしお馴染みさんがいなくなるのは寂しいものですね

今日は天候も良く入居者の皆様もご機嫌でハイな気分で
ナツメロを約1時間おついあい頂きましたが楽しんで下さいました

その中で「あざみの歌」を演奏しましたが・・・
ふと見ると”おにあざみの花”が花瓶にさしてありました

それを見て今は亡き私の友人が自分のガールフレンドを”おにゆり”さんと
呼んでいたのを想い出しました。
”鬼百合”であろうが”鬼あざみ”であろうが+
自分が気に入った女性ならそれでヨシ!としましょう(^^)/
しかし、顔見知りが段々帰らぬ旅に出かけていくのは寂しいものです
『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自意識過剰なオ〇さん達・ 6/... | トップ | どうすりゃいいのさ・・この... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。