明鏡   

創作/活動を行う為の資金/募金の振込先 西日本シティ銀行 筑紫通り支店714 口座番号0544327  近藤明子

安保法制に基づく初の日米共同訓練 重要影響事態を想定し30日から沖縄県沖で

2016-11-07 11:08:44 | 日記
 防衛省統合幕僚監部は21日、米軍との共同統合演習「キーンソード」(30日~11月11日)で、今年3月に施行された安全保障関連法に基づく日米共同訓練を沖縄県沖で初めて行うと発表した。日本への武力攻撃に至る恐れがある「重要影響事態」を想定し、洋上に墜落した米軍機のパイロットらを日米共同で捜索・救助する。

 米軍機の墜落を想定した日米共同の捜索救助訓練は、重要影響事態法に改められる前の周辺事態法の下でも行われていたが、改正後は初めて。

 重要影響事態法は自衛隊の活動に地理的制約がないことを明確にしたほか、発進準備中の戦闘機への給油などの後方支援も可能としている。

 来月7日に航空自衛隊のUH60中型ヘリとCH47大型輸送ヘリが米軍機パイロットを捜索・救助する訓練を予定。同月9日は米軍大型機が墜落した場面を想定して海上自衛隊の救難飛行艇や米軍のHH60救難ヘリが多数の米軍人を救助する訓練も行う。

 集団的自衛権の行使を想定した訓練は準備が整っていないとして今回は見送った。

 キーンソードではこのほか、米領グアム島などで離島奪還作戦を想定した訓練も実施する。

産経〜〜〜〜〜〜〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 零余子 | トップ | 九工大生主体で衛星開発 来... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。