明鏡   

創作/活動を行う為の資金/募金の振込先 西日本シティ銀行 筑紫通り支店714 口座番号0544327  近藤明子

【朝日が雪印食品にしたこと。】朝日新聞2つの「吉田」事件 報道に携わる重さを知れ

2016-10-12 17:10:52 | 日記
行橋市議会議員 小坪しんや氏 祝新書

内容紹介
政治系の議員ブログとしては常に全国トップを維持!
外国人の特権問題や共産党の活動への疑問を
公的な資料を基に追い求めるその姿勢は、
多くの日本人から支持を集めている。
本書によってその情報が、ネットからリアル社会へと
広がるであろう。

第1章 メディアを語る
恩を返すときが来た
朝日が雪印食品にしたこと

第2章 時事問題を語る
日韓合意
韓国爆破事件

第3章 政党と思想団体を語る
日教組と自治労を干上がらせ、組合を是正する
デモ日当疑惑
日本共産党と対峙する
モンスター化する左翼
SEALDsの皆さんへ
第4章 外国人特権を語る
外国人への税制優遇 その1
外国人への税制優遇 その2
外国人の扶養控除の問題、現在の状況
地方議会の誇り
意見書が採択される

第5章 自分自身を語る
民主党政権下のネット保守の戦い
政治家の目線



https://www.amazon.co.jp/gp/product/4792605474/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4792605474&linkCode=as2&tag=shinyayuk-22




https://twitter.com/kotsubo48 より以下抜粋〜〜〜〜

【朝日が雪印食品にしたこと。】朝日新聞2つの「吉田」事件 報道に携わる重さを知れ
2014年9月15日


かつて執拗にメディアにバッシングされた会社があります。
そのうちの一社、雪印食品は、倒産しました。
(雪印乳業は存続、またバター等はシェア一位を堅持!すごいっ!負けるな雪印!)

アイスクリーム事業はロッテスノーに分社されます。
ロッテによる支援でした。

機材、ノウハウは、韓国企業のロッテへ行ったのでしょう。
技術者たちの願いの結晶、
長年、温め続けてきた技術。

当時、ロッテが最も欲していたものに、日本のアイスクリーム技術があったと言われています。
確かに不祥事はありました。責められてしかるべきかと思います。
北海道工場において停電、その間に生産された脱脂粉乳に毒素発生。
事故、でした。
どう見ても事故でした。

被害者が出ていることから責められることは当然のことですが、過失によるものであったと考えています。
過失だから許されていいとは思いませんが、物事には程度があります。



問題はそこからです。
想像以上の、なぜか凄まじい大バッシングにあい、上記の流れへ。
雪印食品は倒れ、アイスクリーム事業はロッテスノーへ。

日本人へ。
知っていますか?

ブランドのみ、雪印を残し、
製造はロッテになっていることを。
ロッテは韓国企業です。

私たちが愛した「雪の結晶のマーク」は、(アイスにおいては)もう日本のものではありません。
日本人に長年親しまれたその意匠。
食品技術者たちが思いと願いをこめ「雪の結晶に、北海道を象徴した北極星」をあしらったあのマークは、もう日本のものではありません。

わかりますか?
技術も何もかにも、一切合切を抜き取られてしまい
それのみならず、愛した意匠は「抜け殻だけ」使われる苦痛を。

私にはこれが作為的にすら見えておりました。
ロッテが欲しかった技術が、「格安」で転がり込んできたのです。
しかも「日本人に売りやすい」ブランドと共に。
ただの偶然でしょうか。

はっきり言いましょう。
韓国の回し者として、日本企業を叩きのめし
社会の公器としての、木鐸としての責務を放棄し
意図的に雪印を廃業に追い込んだのではありませんか?
・・・韓国「様」に献上するために!!!!

さて、2000年のことです。
朝日新聞の記事をご覧ください。

朝日新聞社説 雪印事件 食品を扱う重さを知れ
過去最大級の食中毒事件を起こした雪印乳業の首脳陣の対応ぶりからは、消費者の健康や
安全に直結する食品を扱っているという責任感や危機意識が全くと言っていいほど伝わってこない。
情報を隠し、虚偽報告、はては証拠隠滅とも取られかねない行為まで、次から次へと明らかになってきた。

こんな調子では、消費者の間に「まだなにか隠しているのではないか」という疑念が膨らむのも当然だ。
これは一企業の問題にとどまらない。
それにしても同社の対応はひどかった。
日本の会社が抱える問題の一面を図らずも炙りだしたのではないか。

一線からトップまで生え抜きで固め、世間の常識より社内の慣習が優先する。
一つ間違えば「雪印」になる危険性を多くの企業が抱えている。

判断をチェックするとともに、不都合な情報でもトップまで届く仕組みを経営に組み込んでおくこと
が欠かせない。

asahi1

asahi2

asahi3
政治においては、「ブーメラン」という言葉が流行った時代がありましたね。
ネットで興味深いコメントを発見したため紹介します。
以下は、朝日が2000年に「雪印に贈った記事」を
2014年、つまり今、再度「朝日に贈り返した言葉」になります。

31: 32文ロケット砲(長野県)@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 01:41:58.70 ID:Q5G7174U0.net
ちょっと直したら朝日新聞の事になったよ~
朝日新聞2つの「吉田」事件 報道に携わる重さを知れ

過去最大級の捏造報道事件を起こした朝日新聞の首脳陣の対応ぶりからは、国の外交や
安全安全保障に直結する問題を扱っているという責任感や危機意識が全くと言っていいほど伝わってこない。
情報を隠し、虚偽報告、はては証拠隠滅とも取られかねない行為まで、次から次へと明らかになってきた。

こんな調子では、国民の間に「まだなにか隠しているのではないか」という疑念が膨らむのも当然だ。
これは一企業の問題にとどまらない。
それにしても同社の対応はひどかった。
日本の会社が抱える問題の一面を図らずも炙りだしたのではないか。

一線からトップまで生え抜きで固め、世間の常識より社内の慣習が優先する。
一つ間違えば「朝日新聞」になる危険性を多くの報道機関が抱えている。

不都合な情報でも読者で届けることが出来ないのなら、新聞社という看板を下ろした方がいいのではないだろうか。

他にも例をあげましょう、おかしな企業バッシングは多々ありました。
「三種の神器」のフレーズで叩かれたダイエー。
球団・ホテル・ドームを手放しています。

ダイエーは黒字倒産であり、地価が下がったのみ。
経営としては健全であったと思います。
それを格安でゲットしたのは誰か。
孫正義です。

日本最大の物流網でもあったダイエーは、ずいぶん力を落としました。
九州の私からすれば、地場企業が総攻撃にあっている気分でした。
メディアに踊らされたとは言え、日本中から、日本人から総攻撃にあっている気分でした。
あれから、「ソフトバンク・ホークス」と呼びたくないがため、
野球はできるだけ見ません。

ベスト電器だったそうです。
三種郵便を悪用した手口で、格安でDMを送ったという報道です。
九州の、地場企業でした。
誉められたものではありませんが、業界の慣習となっており、それらを仲介する業者もおりました。
そちらは攻撃対象とはなりませんでした。
もっと言いましょう、発覚したのは「九州のベスト電器」が最初ではありません。
関東圏の、ベストよりもっと大きな企業、より売上が大きく、もっと規模の大きい送付が行われていた企業から発覚していたかと思います。

「そちらの企業(関東圏の大手)」は、キー局に広告を出していました。
(つまり関東圏のメディアに、お金を出していたわけです。)
九州の企業は出していませんでした。
メディアって、いったい何なんですかね?
「暴力団が悪い!」という記事を見るたび、「新聞には言う資格があるのか?」と吹き出しそうになります。

大人たちだって問題です。
制度も、政治も、そういうものを一切理解しようとせず。
ハーメルンの笛吹に誘導されるように、朝日新聞等を頭から信じた大人たちは
「日本の大事なもの」を、私たち若者に引き継がず、自らの手で打ち壊していきました。
もしくは他国に献上していきました。

私は、あれからロッテのアイスは、できるだけ食べておりません。
韓国企業だからではありません。
雪印の商標・マーク「だけ」あしらわれた、そのアイスをかつて作った技術者が不憫でならないからです。

「日本が奪われた」ものであり、日本人として食べるべきではないと思ったからです。
当時の大人たちが、朝日新聞の報道に躍り「雪印が悪い!!」と嬉しそうに言っていた姿が、あまりにも情けなく無学で浅はかな人間に見えたからです。

技術をかじる端くれとして言わせて頂きます、報道のほうがおかしかった。
少しでも疑問を口にすれば、大人たちは「勉強のしすぎ」と変な子を見るような扱いでしたね。
違います、バカは貴方たちです。
おかげで私は、アイスとか甘い物全般が好きなのですが、一部のアイスが食べれなくなってしまいました。

「テレビを見ていたらバカになるよ」って大人たちは教えてくれました。
「新聞も読んでいたらバカになるよ」って教えてあげたいです。
そう言っていた大人たちは、テレビと新聞ばかり読んで、本当にバカになってしまいました。
あれは本当のことだったのですね。

しかしご安心ください。
「あちゃー、やらかしたな」って思ったそこの貴方!
挽回のチャンスはございます。

日本企業は強いです。
バブル期にも驕り高ぶった経営はせず、堅実に経営されてきた雪印。
本業のバター等ではシェア一位を堅持。
今度、スーパーに行った時には、雪印のバターを一個買って帰ってください。
・・・できれば一番、高いやつね?

こうやって若い子たちは、デモに参加したり不買運動に参加したりしてきたのです。
いわゆる大人たち、あなた方のほうがお金も権限も発言力もある。
俺たち若い者と、そろそろ一緒に戦ってもらえませんか?
貴方にとっての孫の未来を守るため、私らは子供の未来を守るため。
ゆっくりでいい、立ち上がろう
先陣は、俺が切る。
リスクも私が背負う
さぁ行きますよっ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の竹島防衛は対馬で行う... | トップ | 日中中間線付近で開発を進め... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。