明鏡   

創作/活動を行う為の資金/募金の振込先 西日本シティ銀行 筑紫通り支店714 口座番号0544327  近藤明子

杏の木のしたには

2017-06-15 23:27:15 | 詩小説
杏の木のしたには
丸々とした杏が転がっていた
拾って皮のまま食べた
ほのかに酸っぱい実の後から
日に照らされた甘みが
ざらついた皮に張り付いているのを口にほおばりながら
考えていた

アフリカ出身の方はりんごは種まで食べるとお聞きした後のこと
なぜ我々は皮をむくのか
皮をむくようになったのか
考えていた
そのままの魂の美味しいところをべろりと剥がしているような
そのままの魂の種を吐き出してきたような
我々であったが

それでも
杏の種は頑なすぎて飲み込むことはできなかった
杏の木のしたには口があるというのに
我々は飲み込むことができずに
そのまま大地に
その魂を返した
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒と赤と | トップ | 長距離走者の »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。