明鏡   

創作/活動を行う為の資金/募金の振込先 西日本シティ銀行 筑紫通り支店714 口座番号0544327  近藤明子

年輪と節々

2017-04-29 21:17:23 | 詩小説
丸太積むトラックの後ろ走り行く 
あの年輪の赤黒いところは
切ったばかりにまだ水気を含んだ木の証拠
しばらくすると
あの赤黒い年輪は乾ききって
おなじ白っぽい色になると親方が教えてくださった

竹は温泉が湧くところのものは柔らかく
枯れたところに生える竹はきんと硬く乾いているものが多いという
そこにあるものは
そこで生きてきた証のような節々を残しているものなのだ
と親方が教えてくださった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眼鏡 | トップ | 「からすどまり」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。