週末の山遊びとくるま旅

里山散策やくるま旅の様子をマイペースで投稿していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

駅からハイキング「震災から6年、被災防潮堤の遺構で海の脅威を胸に刻む復興ロード」

2017年05月04日 | 旅行


三陸鉄道田野畑駅から県道44号線を海を眺めながら歩くコースで
折り返し地点は「机浜番屋群」です。




カンパネルラ田野畑駅
三陸鉄道の久慈と宮古の中心に位置し宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」
の登場人物の名前が駅名で駅内部には洒落た小喫茶室もあります。




ひらなめ海岸にある白亜紀の地層「宮古層群」




津波で破壊され震災遺構として保存された「明戸防潮堤」




見晴らしの良い弁天橋から。




北山崎断崖クルーズ船?




弁天トンネル手前右側に机浜番屋群までの遊歩道があります。




遊歩道の途中に灯台までの道があります。きつい坂ですが数分で登れます。




平成27年4月に再建された机浜番屋群。北山崎の断崖の間にある小さな
入江にあり、車のない時代5km程離れた高台で農業等を営み、盛漁期
には番屋で寝泊まりをしながらワカメ、コンブ、ウニ、アワビ、魚
を捕る半農半漁の暮らしをしていたそうです。




番屋群からの弁天崎灯台。




今回歩いたコース(往復約10km)です。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬季限定で餌箱を設置してあ... | トップ | 利尻・礼文と宗谷・稚内3日間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事