ひょう吉の疑問

新聞・テレビ報道は何かおかしい

藤田幸久・民主国際局長:「9・11、テロリストの仕業か疑問」

2010-03-10 21:23:33 | 軍事・外交(日米関係)

毎日新聞 2010年3月10日
http://mainichi.jp/select/world/news/20100310ddm002010041000c.html

■藤田・民主国際局長:「9・11、テロリストの仕業か疑問」 米紙が非難

 ◇「奇怪すぎる」

 【ワシントン古本陽荘】米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長(参院議員)が、2001年の米同時多発テロ(9・11)を「壮大なでっち上げと考えている」と名指しで批判した。米政府内では藤田氏は外交分野で一定の影響力を持つ議員とみられており、鳩山政権にとって対米関係上の打撃になるのは必至だ。

 社説は藤田氏へのインタビューを基にしたもの。この中で藤田氏は「(9・11は)本当にテロリストの仕業か疑問だ」と主張。さらに、「影の勢力が計画を事前に知り株式市場で利益を得た」との考えを示唆したという。

 ポスト紙は藤田氏の考えを「奇怪すぎる」と非難。そのうえで、「鳩山政権と民主党内にいる反米主義者の見方に根付いたもの」として、藤田氏の個人的な考えとは言い切れないと分析している。

 ◇「事実歪曲」と反論

 藤田氏は9日、「(今月3日に取材を受けた後の雑談で)不明なままになっている事件(9・11)の諸点を指摘した」にすぎないと反論するコメントを発表。社説は、藤田氏を参院外交防衛委員長であるかのように書くなど事実関係に誤りがあるとして、「事実を歪曲(わいきょく)した扇動的報道」と主張した。

 ◇首相「個人の見解」

 鳩山由紀夫首相は9日、「藤田議員の個人的見解だ。党の見解でもないし、ましてや政府の見解でもない」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【私のコメント】

9.11事件を疑問視する声は早くから上がっていた。
出版界ではすでに多くの本が出ている。
それを見て何らかの反応を迫られて書いたのがこの記事だろう。
他の新聞社も同じ記事を掲載している。

しかしこれは、新聞社が『もみ消し』から『反論』に戦略を変更しただけである。
真実がどうなのかを追求する姿勢はそこにはない。

この事件にはとにかく疑問が多い。
その疑問1つ1つに答える姿勢を見せなければ、何も反論したことにはならないだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイスランドの英蘭預金者保... | トップ | 中国、人民元切り上げ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-03-11 21:22:33
航空機がぶつかった位では、高層ビルは全壊しえないという物理的な根拠だけで、陰謀説を認めるに充分な証拠だと思います。ただ、誰がどのように、という謎は、残ったままではありますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。