ひょう吉の疑問

新聞・テレビ報道は何かおかしい

人間は期待より、不安が大きい

2017-06-10 17:13:01 | 理念

土曜日

人間は期待より、不安の方が大きい。
そしてそれが普通だ。
だから今まで生き延びてきた。
もし人間に不安を感じる能力がなかったら、人類はとっくの昔に滅んでいただろう。
言いたいのはそれだけだ。
以下はおまけ。


ところがこの人間の習性に真っ向から刃向かう文明があった。
それが近代ヨーロッパ文明である。
彼らはもともと不安に耐えきれなかった民族である。
ユダヤ民族はその不安のなかから選民思想なるものを生み出した。
自分たちだけが救われるという思想である。
それがキリスト教になると、「人類は救われている」という思想になった。
(キリストの死によって。キリストは人間の罪を一身に背負って死んだのだから、残った人間は救われる)

「本当にそうなんだろうか」と、キリスト教を知らない私などは思う。
そんなに人間を信じていいものなのだろうか。
人間にはいい人もいるけど、悪い人だっていっぱいいるではないか。
そんな人を信じていいものだろうか。
私は子供の頃から、悪いおじさんについて行ってはダメだよ、と母親から教えられて育った。
そして大人になってからも、「世の中にはいい人間もいるが悪い人間もいる」、というのはどうしようもない事実だと思う。
そんな人間のやることが全部正しいなんてありえない。

それでも人類はすべて救われているのだろうか。
人類がすべて救われていると思うのは、不安の裏返しだな。
逆に、不安が強ければ強いほど、人類は救われていると思いたいんだよ。

楽観主義の裏にはどうしようもない不安があるんだな。
人間は楽観主義でもなく悲観主義でもなく、普通にしておくことが一番いいんだ。
いい人はいい人で、悪い人は悪い人だ。それだけなんだな。

だから楽観主義に覆われた社会は、それだけ不安も増大していく。
日本には昔、末法思想という「世の中だんだん悪くなる」という思想がちゃんとあった。
それが今では「限りない未来を開く」という進歩の思想に取って代わられた。
こんな思想にかぶれたのは明治以降だな。

「盛者必滅」は世の習いである。
そういう不安があるから、人間は生き延びてこれたんだと思う。

だから、過度の期待に覆われた社会では、すぐにバブルが起こる。
しかしそのバブルの裏には不安が潜んでいるから、一度バブルがはじけると、そのバブルの谷は予想以上に深く大きくなる。

この習性を知ってる輩が、何度も何度もバブルを起こしてきたんだな。
そしてもともと人間は期待よりも不安が大きい動物だから、バブルはその上昇よりも、はじけた後の深い谷の方が何倍も大きくなる。

でもバブルは裏を返せば人間の不安の産物にすぎないのだから、実体経済はちゃんと元に戻るんだ。
少なくともここ200年はそのことを繰り返してきた。
だからバブルを起こした者たちは、そこで買いを入れるんだな。
そして値上がりするのを待つんだ。
つまり高値で売って、安値で買い戻す。
これだけでどれだけの富が動いたかしれない。

投資は長期に限る。
しかし人間は不安に弱い生き物である。
それを利用してバブルを仕掛け、一儲けも二儲けもするのが、金融取引というものだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民の預金口座が凍結された | トップ | 窮鼠猫をかむ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。