ひょう吉の疑問

新聞・テレビ報道は何かおかしい

アメリカと中国に対する日本マスコミの非対称性

2016-02-21 09:55:10 | マスコミ操作

2016.2.21(日)

アメリカも中国もボロボロだが、同じボロボロでも日本では、中国のボロボロさは過大に伝えられ、それに対してアメリカのボロボロさは過小に伝えられている。
ここに日本のマスコミ報道の非対称性がある。
アメリカのTPPやシェール革命は過大に報道される一方で、中国のAIIB構想は過小に伝えられている。
我々日本人は、大手マスコミによるその非対称性を割り引いて、等身大の世界経済を見ていく必要がある。
鏡はもともとゆがめられている。
ゆがんだ鏡に映る本当の姿は何なのか。
それぞれのパーツは正しくとも、その大きさが違えば、顔はゆがんで見える。
正しい大きさに戻さねばならない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AIIBの正体 | トップ | 2016.2.21 安保法反対:「声... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。