ひょう吉の疑問

  新聞・テレビ報道は何かおかしい

『安倍のミクス』の本音

2012-12-20 22:53:20 | 自民党政策
安倍自民党の政策は、

1 消費税増税
2 公共事業
3 TPP参加
4 日米同盟強化


これらを総合すると、

1 逆進性の高い消費税を引き上げて(つまり中間層や低所得層から増税して)、
 
2 公共事業を行って大企業の仕事をつくる。

その結果、お金の流通は、中間層や低所得者層から大企業に流れる。
中間層や低所得者層はますます貧しくなり、その代わりに大企業のみにお金が貯まる。
お金の流れは、中間層や低所得層 → 大企業へ、となる。

円安・株高で一時的に景気を好転させ、国民の人気が高まった後、

3 さらにTPPに参加し、

工業製品などの輸出拡大をめざす。
その一方でアメリカからの食糧品の輸入が大幅に拡大する。
その結果、大企業が利益を拡大する一方で、農家の利益は減少し、日本の農業は壊滅的打撃を受ける。
お金の流れは、農業 → 輸出企業へ、となる。
 
こういう政策の根底にあるのは、規制緩和、自由競争の論理である。
小泉時代の焼き直しに過ぎない。
 
円安・株高は、アメリカが仕掛けた一時的な応援である。
安倍の金融緩和策に市場が反応して円安・株高になったというのは単なる理由づくり。
その見返りは、金融緩和でだぶついた資金で密かに米国債を買うことだ

さらに、円安・株高を進めてくれたアメリカへの見返りとして、

4 日米同盟を強化して、アメリカに多額のお金を貢ぐ。
そればかりか、国防軍を創設してアメリカの戦争に巻き込まれることになる。
 

その一方で小沢一郎をたたくことは忘れない。
『国民の生活が第一』とはかけ離れた『一部の人間のための格差社会』がさらに進む。
ついでに未来の党を支持したネット言論もたたく
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
国民の生活が第一 金融緩和策 日本の農業 消費税増税
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 自民勝って、早速のネット統制 | トップ | 12月16日の解散総選挙までの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。