野分日記  ~Mint★Drop!のブログ~

日々の出来事、楽しんでいること、感じたこと・・・色々綴っていきます。
  

半年が過ぎました。

2017年07月13日 | 日記

Drop!です。いつも有難うございます。

2017年1月5日に生体腎移植手術を行い、ようやく半年が過ぎました。術後1週間、3か月、6か月が節目だそうで、取りあえず最初の要注意期間が過ぎたことになります。本当に有難いことと感謝しています。

私に腎臓を提供して下さったドナーは29歳のベトナム人男性で、2歳になるお嬢さんの医療費の為にドナーになることを決意されたそうです。日本の医療制度では考えにくいことです。どうかそのお嬢さんも元気になられることを心から祈っています。

先々週、ブログでもお伝えしたようにハノイにある病院へお礼に行ってきました。担当医師・担当看護師・担当透析技師そして日本語通訳の方々と再会し、元気になった姿を見て頂きました。腎臓内科医のトアン医師は「当たり前のことですが、患者さんが元気になることが医師として嬉しい。この病院はベトナム有数の国際病院なので外国人の患者さんも多いが、回復してお礼にわざわざ来た外国人は初めてです。日本人って凄いですね」とおっしゃっていました。

術後1週間、これを私は「地獄の1週間」と呼んでいますが、元気になった今では「懐かしい思い出」になっています。悪い記憶も、懐かしく感じられる、このことが幸せなことだと思っています。

そもそもベトナムはタイ王国と並んで親日国です。それは一つには、清帝国の属国から清仏戦争を経てフランスの植民地となった後「結果的に」に日本の南方進出によってフランス勢力が出て行ったこと、もう一つはベトナム戦争の混乱期に数多くの難民を日本が受け入れたこと、これらの要因によって日本には親しみを感じてくれています。

また近年は中国人・韓国人観光客が爆発的に増え、相対的に日本人・日本人観光客の礼儀正しさ・マナーも良さが再認識されている点も見逃せません。ベトナム人が日本人と韓国人を見極める方法の一つに「韓国人は物を買っても何も言わないか、偉そうにするが、日本人は買い物をした後でも『ありがとう!』と言う」というものがあります。 なので私はベトナムで買い物する度に意識的に『有難う! カム・オン!』を連呼していました。

外国人に対する臓器移植手術は、2008年のWHOによる「イスタンブール・イニシアティヴ」以降、年々厳しさを増し、ベトナムのこの病院も私の手術を最後に中止したそうです。本当に運の良かったことだと思っています。

腎臓は「沈黙の臓器」とも言われますが、病気が進行中、本当に痛くも痒くもありません。それが突然、一気に悪化して合併症を引き起こします。どうか皆様もきちんと健康診断を受けて、おかしな点があればきちんとケアをして下さい。

移植した腎臓がどれだけ持つのかは分かりません。日々、免疫力と移植腎臓の戦いが繰り広げられており、死ぬまで「免疫抑制剤」を飲む必要があります。なんとか節制して1日でも長くこの頂いた腎臓を大切にし、健康で元気な時間を過ごしたいと思っています。皆様の健康を祈りながら、術後半年の所感を述べさせて頂きました。引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WAHAHAの季節が巡って来ました! | トップ | USJ ハロウィン第一報! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう、半年が過ぎましたか (たか)
2017-07-13 18:29:39
月日が経つのは早いですね。
歳を重ねると特に‥
二転三転あっての手術から早半年が過ぎましたか

術後、東京で緊急病院搬送のお話しをお聞きしましたが、その後は、何事も無くお過ごしのようで良かったです。

ベトナムまでお礼に行かれたのは、Dropさんのお人柄と行動力の賜物だと思います

また、ベトナムでの海外からの移植の受入も最後だったということをお聞きし、それも、
Dropさんの日頃の行いの良さが招いた結果だと私は思っております。

腎臓を提供して頂いた方の為にも、お身体をご自愛下さい。

私も、年一回、ドッグ検診は受けておりますが、周りの人間を悲しませないよう、健康には気をつけたいと思います。

引き続き宜しくお願いいたします。
Unknown (人生一度きり)
2017-07-14 07:45:18
学がないので簡単になってしまいますが

一日でも長く体をいたわって
一日でも長く腎臓を大切にして
今まで以上に元気でいてください
それが提供してくださったドナーさんへの感謝にもなりますので
Drop さんの写真を一枚でも多くみたいです
健康第一 (カリオストロ)
2017-07-14 17:45:46
先日お話を伺った際にも壮絶な術後の日々や日本人としての振る舞いなどベトナムのことをいろいろ聞け、勉強になるとともに健康のありがたさを感じております。

Dさんがこれからも健康で元気にブログ等続けられるよう祈っております。

半年が過ぎましたか… (コタロウ)
2017-07-15 01:17:20
Dropさん

移植をされると聞いてから、二転三転、渡米場所も変わり、移植時期もずれ、不安な日々を過ごされていたと思います。が、無事 移植が終わり、お元気そうなお姿を拝見でき、ひと安心しています。
でも、Dropさん自身は、毎日 闘ってらっしゃるんだと思います。

身近な人で移植をされた方がいないので、なかなかピンとこなかったんですが、やはり他の人の臓器を移植するということは、非常に大変なんだ。と少しはわかったと思います。

食事に気を使い、体力もつかなければならない。
いろんな制限があると思います。
ただ、唯一、ホッと出来るのは、万波先生がついてられる。ということです。
神様がついているので、ある程度は安心しています。

これから大変だとは思いますが、楽しく過ごしていきましょう!

また、お会いしたいです‼︎
医療スタッフの心 (ken)
2017-07-15 09:18:37
Drop様、術後半年経過、おめでとうございます。
順調な回復で何よりですね。
小生も、昨年入院手術で一年になり、経過観察中です。
入院で心身共弱っている時の病院スタッフの心温かい
対応は嬉しいですね。
国は違えど、医療スタッフの心は皆様同じなんですね。
これからも (Jun.)
2017-07-15 12:59:34
まずは順調なご回復ホットしました
何よりも健康でないとしたいこと
出来ないですから

最近はストレスによる
病気になる人が回りに何人も
いるので、そちらの方も気をつける
必要もあるかとおもいます

そう言う意味でもこのブログで
気分転換?
させてもらってます
半年経過おめでとうございます。 (じゅんじ)
2017-07-16 10:00:09
術後の経過が良好で、しかも節目の半年ですから、私もホッとしております。

「普通」「当たり前」ということを続けていくことの難しさ・・・
Drop!さんとお会い出来、その難しさを自分自身に当てはめてみて、改めて色々と考えている今日この頃です。
中庸を心がけて、少しでも実践していけたらって思っております。
でも、その中でも、move!action!の信条は変わらないですけれど。

お体を大事にされて、まだまだ元気に、お付き合いのほど、よろしくお願い致します。
Drop!さんworldを、ぎょーさん魅せて下さいね!
生かされていることの意味 (夢太郎)
2017-07-17 11:11:22
お疲れ様です。
仕事でバタバタしており、コメント遅くなりました。

もう半年になるんですね。
紆余曲折を経てからの手術でしたね。
色々と大変でしたが、最初の要注意期間が過ぎて今は落ち着いているので一安心ですね。

半年後の今、生かされていると言うことは、もちろんDrop!さんが頑張ったからですが、それ以外にも周りのサポートがあったり何か大きな力が働いたからなのかもしれませんね。

そして、生かされていると言うことは、何かの役割を与えられているのかもしれませんし、課題や使命を与えられているのかもしれませんね。

私も自分が今生かされていることの意味について考える機会にさせていただきます。

引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。