野分日記  ~Mint★Drop!のブログ~

日々の出来事、楽しんでいること、感じたこと・・・色々綴っていきます。
  

松竹座 五月花形歌舞伎!

2017年04月04日 | 芝居・歌舞伎・ライブ・美術館・博物館

またまた歌舞伎エントリーで恐縮です。5月の松竹座は「花形歌舞伎興行」で、中村屋の中村勘九郎・七之助、澤瀉屋(オモダカヤ)の市川猿之助が中心となる舞台です。4月5日が一般発売ですが、本日の先行発売開始と同時に既に1等席・前半分は完売状態でした。

いやー物凄い人気ぶりです。さすが当代きっての人気役者が揃うとこうなるのですね。

今回の演目は・・・

昼の部:戻駕色相肩(モドリカタ・イロニアイカタ)

     金幣猿島郡(キンノザイ・サルシマダイリ)     この2つは特に読めませんね!

夜の部:新版歌祭文 野崎村

     怪談榎乳房(カイダン・チブサノエノキ)

今回も昼・夜通りで切符を入手しましたが、楽しみなのは昼の部の「金幣猿島郡」です。この演目は三代目市川猿之助四十八撰の一つであり、あの鶴屋南北・一世一代の作品なんです。猿之助は三役早替わりと蛇の化身となっての踊りながらの宙乗りをやってのけます!

「野崎村」は義太夫狂言を基にした世話物の名作です。お染と久松、お光の三角関係を描いたもので、ラストシーンが特に有名です。

「怪談榎乳房」は勘三郎没後すぐに「赤坂歌舞伎」で上演した時に観ましたが、こちらも勘九郎が3役早変わりを演じて見せます。

5月の花形歌舞伎は「ケレン味」たっぷりの演目が出てきました、今から楽しみです!

※「一世一代」・・・これを持って終了って感じの言い方です。役者が「一世一代」にて相務申し候、と言えばこれを持って演じる事を終えるという意味です。

※「ケレン」・・・「外連」と書き、宙乗りや早替わりのような派手な演出を言います。先代・猿之助が得意としました、と言うより澤瀉屋のお家芸です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 四国の発電所跡  ~煉瓦の... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大人気ですね! (写写丸)
2017-04-04 19:09:20
発売前に完売って、後援会が先に抑えてしまうのでしょうね! 
さすが人気役者の舞台の人気は凄いですね。
私は7月の仁左衛門を観に行こうと思います。
全部読めません (たか)
2017-04-05 08:46:50
凄い人気ぶりですね。
Mintさんも今からワクワクでは…

演目ふりカナを入れて頂いてありがとうございます。

ふりカナ無ければ全く読めませんでした。

また、歌舞伎素人には、演目読めても
どんな舞台なのか?も皆目でした。
なんとか取れました。 (コタロウ)
2017-04-05 15:00:22
Mint★さん

今日の10時から、頑張って取りました。

あんまりいい席ではありませんが、なんとか見れます。

猿之助さんが亀ちゃんの時代から好きで、楽しみです。

昼夜、二回公演行かれるのはさすがですね。

これから頑張って、観に行く回数を増やしていきます。
Unknown (こいちゃん)
2017-04-06 19:14:27
私も行く予定にしてます。 昼休み、夜型分けてですが。 私は定番の3階席で。 宙乗りの引き込みが間近に見れれば有難いかな。
また、歌舞伎 色々と教えれ下さい。
写写丸さん (Mint★)
2017-04-08 08:16:32

はい、凄い人気ですね!
でももっと凄いのは、名古屋の平成中村座ですよ。
一般販売の2日前に行われた先行発売開始時点で、既に土日の座席は完売状態!とんでも無いことです。

勘九郎&七之助は最強兄弟ですね!

七月の松竹座。仁左衛門は「盟三五大切」の薩摩源五右衛門をやりますよ! 必見です!
たかさん (Mint★)
2017-04-08 08:22:27
歌舞伎の題名って味がありますよね…
どうしてそうなるのか?ってのがあります。

まぁこじつけなんでしょうが、ひらがなで読むとさっぱりでも、漢字にするとイメージが広がります。

一応、一つの原則は「奇数文字数」と言うのはあります。
5文字・7文字が多いですね。

猿島は、若い女がある男の事を思うあまり、泣き過ぎて盲目になります。そして運よく視力が戻った時に、男には別の女がいて、女は怒りのあまり「蛇」に化身し暴れまくるという内容です。

歌舞伎の内容は、案外単純です。
コタロウさん (Mint★)
2017-04-08 08:26:34
席の良しあしではなく、劇場内で役者と同じ空気を吸い、役者の声を生で感じることが大切だと思いますよ。

幸い歌舞伎の小屋はだいた1000席前後の中ホール規模ですし、比較的距離も近いので大丈夫です。

亀治郎!懐かしい名前ですね。今やすっかり猿之助にbなりましたね。いつか段四郎になるんでしょうね。

7月の松竹座、仁左衛門も必見ですよ!
こいちゃんさん (Mint★)
2017-04-08 08:29:40
歌舞伎に行かれるのですね!それは嬉しい限りです。
私たちも演目によっては、松竹座の3階席・右側・3番、4番
を定番としています。
特に花道を見る場合、この席は良いですね。

3階真ん中は「宙乗り」がある場合は楽しいですね!また歌舞伎のエントリーに是非コメント下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

芝居・歌舞伎・ライブ・美術館・博物館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。