野分日記  ~Mint★Drop!のブログ~

日々の出来事、楽しんでいること、感じたこと・・・色々綴っていきます。
  

四国の発電所跡  ~煉瓦の遺構~

2017年04月04日 | 廃墟憧憬

Dropです。

四国のほぼ真ん中あたりにその廃墟はあります。大正元年(1912年)に運用を開始した水力発電所の跡です。

「煉瓦の遺構」とも呼ぶべき美しい煉瓦が残されており、その煉瓦をツタが徐々に侵食している様は見事の一言です。

 

山道をひたすら歩いていきます・・・

 

もうすぐ到着するはずです。

 

ようやくたどり着きました。煉瓦の遺構。

 

 

 

 

 

緑・煉瓦・光・影、私の好物が揃っていました…

俄然、やる気(撮る気)が湧いてきました!

続きの画像は「Dの写真館」で公開致します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松竹座 五月花形歌舞伎! | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次々・・・! (写写丸)
2017-04-04 19:13:02
前回の友が島から一転、今回は「山の中」ですね?
今回も「煉瓦」は共通していますが、かなり趣が違いますね…

山道を降りてくるMint★さん、この後が期待できますね。
到着した場所は鉱物だらけって! 素敵なお話です。

緑、光、影そしてMint★さん・・・続きが本当に楽しみです!

煉瓦… (たか)
2017-04-05 08:55:28
今の建物と違い、煉瓦の建物、建築物の色には、暖かさがあり癒されます。

緑の中に煉瓦の色が良く映えてますね。

しかし、100年以上を経過しているのに、
煉瓦の色が鮮やかですね。
きれいですね。 (コタロウ)
2017-04-05 14:52:39
Dropさん
四国にこんな場所があるとは…
かなり朽ちた煉瓦づくりが非常にきれいですね。
それに光と影。
Dropさんの好物がいっぱいですね。
この続き、早く見たいです。
Unknown (夢太郎)
2017-04-05 19:55:33
山の中にひっそりと佇む「煉瓦の遺構」・・・
緑・煉瓦・光・影・・・
そしてMint★さん

これは凄くそそられる内容ですね!

まさに撮らずにはいられない状況ですね。

写真の順番は、何かの物語のような展開なのでしょうか?
愛宕山廃線跡 (こいちゃん)
2017-04-06 19:09:46
いつも楽しみ拝見させて貰ってます。
Dropさんに触発されてですが、2月の大雪のあと、
京都 愛宕山へケーブル廃線駅を見に行ってきました。昔の建物、良い砂、良い鉄筋で造っるのか朽ち方良いですね。青い空白い雲、葉っぱの緑 荒れコンクリートの光と影。 やっぱり綺麗なモデルさんが必要でした。 写真心が無いんで、写真にするとイマイチでした。
やっぱりスマホでは無理なんでしょうかね?
こつなどあれば教えれ下さい。
新緑の頃に、公開になった摩耶ホテルに登って見ようと思ってます。   ナンネをあまりしないので、Dの写真館への入り方も分からずじまいです。
写写丸さん (Drop!)
2017-04-14 14:45:37

確かに島の廃墟から山の廃墟ですね。
好物がゴロゴロあって楽しかったですよ。

二人きりの不思議な空間での撮影は本当に楽しいものです!

引き続き楽しんで下さいね。
たかさん (Drop!)
2017-04-14 14:47:54
この廃墟は「煉瓦」が大きなポイントですね。
色々な廃墟に、色々な煉瓦がありますが、確かにここの煉瓦は温かさがあると思います。

緑色も実に素晴らしかったです!
コタロウさん (Drop!)
2017-04-14 14:49:18
四国にはまだまだ廃墟がたくさんあるようです。
どんどん攻略していくつもりです。

夢太郎さん (Drop!)
2017-04-14 14:51:14
いい素材に満ちた廃墟でしょう?

撮影する方もそそられますね!

写真の順番は、実は位置もかなり悩んでいます。
撮った順番では面白くないのです。
一応リズムが生まれるようには考えています。
こいちゃんさん (Drop!)
2017-04-14 14:53:21
いつも有難うございます。
「Dの写真館」へのパスワードは、ナンネットメールでお伝えするので、たまにはナンネットの方へもアクセスお願いします。

愛宕山はいつか行こうと思っています。

マヤカンは先ず偵察に行かんとダメですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。