野分日記  ~Mint★Drop!のブログ~

日々の出来事、楽しんでいること、感じたこと・・・色々綴っていきます。
  

岡蒸気・・・

2017年06月09日 | 陰翳礼讃

Drop!です。

数ある蒸気機関車の中で、野晒しで放置されているのは日本に2台あるそうです。そのうちの1台が関西圏にあります。例えようもなく悲しげで、淋しそうです。

 

 

私が敬愛する森山大道へのオマージュとして撮り上げた1枚です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界遺産・姫路城 | トップ | 徳恵翁主 ~大韓帝国最後の... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に (たか)
2017-06-09 18:46:32
モノクロなのが、余計にもの悲しさ、淋しさを増長しているのか、本当に悲しそうです。

大きさ、形から、C62なのかな?と思ってます。

「かつて、威風堂々、一世を風靡した俺をこんな野ざらしで放って置くなんて‥。人間は薄情やね」

という声が聞こえて来るようです。
蒸気、煙の代わりに涙を流してそうです。
確かに悲しげですね (夢太郎)
2017-06-09 20:58:07
特にMint★さんの俯き加減の姿勢が、より一層悲しげな感じを強調しているように思います。

それでも存在感と生命力を感じる不思議な写真に仕上がっていますね。
懐かしいです。 (コタロウ)
2017-06-09 23:22:12
Dropさん

蒸気機関車、懐かしいです。
小学生の頃、父親のカメラを借りて、走っている蒸気機関車を撮影しに行きました。(歳がバレてしまいますね)

和歌山の岩出と有田にも蒸気機関車が展示されてると思います。

ただ、野放しはかわいそうですね!
維持するにも、解体するにも、お金がかかるからでしょうか…

なんか寂しいです😞
陰翳礼讃 (写写丸)
2017-06-10 08:46:00
まさに陰翳礼讃ですね。
すーと引き込まれる写真美を感じます。

俯きがちなMint★の姿形と重厚な岡蒸気との対比も素敵です。

森山大道へのオマージュなのですね、少しアレた画像が一層雰囲気を盛り立てています。

素敵な作品です。
たかさん (Drop!)
2017-06-12 19:02:48
本当に悲しそうですね…

これはD51-828、通称「デゴイチ」です。

色々な経緯があって(代議士が動いたりして)確か香川県からここまで運んだらしいです。

その後この施設が閉鎖され、引き取り手もなく野晒しに・・・ 酷い話です。

ところでたかさん、お遊び会のメール差し上げたのに、唯一お返事頂けなく、今回は見送りとなりました。
時々、メールは確認しておいて下さい。
夢太郎さん (Drop!)
2017-06-12 19:05:10
廃墟ヌードの魅力は「生と死の相克にある」と考えていますが、このデゴイチもある意味声明を失った存在です。
対して「生」の象徴としての肉体。

やはりこの写真には、Mint★のこのポーズが必要でした。
コタロウさん (Drop!)
2017-06-12 19:07:41
実は蒸気機関車の展示は案外多く、王子動物園にもありますし、西宮の公園にも、中央大通りを走れば1台展示されてます。但し、みんな大事に保存されています。

韓国と北朝鮮の国境にも野晒しの蒸気機関車がいますよ。

でも悲しげですね。
写写丸さん (Drop!)
2017-06-14 05:01:11
有難うございます。
森山大道へのオマージュなので、この写真も実はポージングは行っていません。

普通に動いているところを連写で撮りました。
ブレても、荒れても構わないのが森山流なので、その点は気が楽でした。

モノクロは力強さが出ますね。
Unknown (こいちゃん)
2017-06-14 21:04:27
多賀でしょうか?
カッコいいです。
美しく朽ちる?
真夏に見に行きたいです。
こいちゃんさん (Drop)
2017-06-22 08:21:12
多賀ではなく、淡路島です。
淡路大観音に行けば会えますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰翳礼讃」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。