「憂鬱な朝」日高ショーコ先生

日高ショーコ作 「憂鬱な朝」に惑溺して抜け出せなくなったblog。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その52 口にすること -「憂鬱な朝」 日高ショーコ先生-

2017-04-05 14:59:14 | 憂鬱な朝
ご来訪いただきありがとうございます。

今回は、名前を呼んで声を聞かせてみせた智之について。

以下、ネタバレ含みます。(既刊7巻まで)
なお、年齢は、作品内の数え方をそのまま採用しています。

以降、よろしくお付き合いください。

*********************************

このブログでは、できるだけ私見を排除して考察することを心がける筈だったのですが、実際にはその目論見が成功しているとは言い難く。

今回はそんな葛藤を抑え、個人的見解から印象深い場面を綴ってみたいと思います。

まずは、智之が「暁人様」と声に出した7巻39話。

暁人様は、ずっと前から「名前を呼んで 声を聞かせて」と子供のようにおねだりをしていました。
でも、智之はなかなか手強い。

4巻で暁人様に「好きです」と告げてからは、デレるのかと思ったらそんなことはなく、変わらず声を押し殺したままです。

4巻19話では一度名前を口にしかけるのですが、暁人様の無我夢中なキスに口をふさがれてしまいます。

6巻29話では、暁人様に声をかける感じ。

7巻39話では、暁人様に触れられて、熱を帯びたように暁人様の名前を口にします。
自分の名を呼ぶ智之の声。それを聴いた暁人様の、なんという表情の艶めかしさ。
次の「かつらぎ…」(※ひらがな)というコマでは、暁人様の表情を窺い知ることはできませんが、いったいどんな顔をしていたのやら。
想像すると幸せな気持ちになります。
4巻19話や6巻33話と対比させて、何度でも読み返したくなるシーンです。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その51 言語からみる明治時代... | トップ | その53 家令とは -「憂鬱な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。