田舎神職の人生-自然の中で生きる

神明社に奉仕しながら、気ままに生きる日々の暮らしを、生かされて生きることに感謝しながら綴っています。

書初めをする

2017年01月04日 19時06分35秒 | 日記
 書初めをしました。
 紙の2、3回練習した後色紙に書いてみました。色紙はただ一枚しかなかったため、書き直しがききません。それでも、印を押したらどうにか様になったと思っています。



「心静かに 只祈る」
 神職の仕事は祈りです。祓いの時、拝礼の時、祝詞奏上の時などすべて祈りが伴います。ともすると慌ただしく動いていて、祈りがおろそかになることがありました。
 今年のめあては、「心静かに只祈る」です。



 早速玄関の色紙掛けを入れ替えました。玄関に入りながらこのことを思い出そうと思います。
 今日は、午後毎年行っている会社で新年の安全祈願祭をやってきました。そこで、この「心静かに只祈る」を念頭に20分間を集中することができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穏やかな年明け | トップ | 神宮の御箸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事