田舎神職の人生-自然の中で生きる

神明社に奉仕しながら、気ままに生きる日々の暮らしを、生かされて生きることに感謝しながら綴っています。

修理を終えた冠

2016年10月17日 14時14分40秒 | 日記
 一か月ほど前に、冠を修理を京都の装束店に依頼しました。
 終戦後、父が当時の県の祭務官からいただいたものです。それまで祭務官が使っていたものです。戦前のもので少なくとも70年以上前のものです。上質の漆を塗って新品同様になりました。





 併せて、父が使っていた烏帽子が壊れたので、一緒に修理しました。



 古いもので、処分して新しいものを買った方がいいかも品たったのですが、修理できるといわれたので修理しました。
 父は苦労して神職をやってきたので、それを忘れたはならないと思ったのです。この冠と烏帽子を使いながら、父の苦労を考えようと思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交通安全御守り作り | トップ | 今年も長芋を掘る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。