goo

志賀泉さんの『無情の神が舞い降りる』出版記念会に出席した。

2017年04月26日 | イベント.講演
昨夕(4月25日午後6時より)、太宰賞作家・志賀泉さんの『無情の神が舞い降りる』出版記念会が、一ツ橋の如水会館で行われた。会場のケヤキの間を訪ねると、普段お世話になっている脱原発文学者の会の皆さんの顔があった。
会の代表の加賀乙彦さん、副代表の森詠さんと森千春さん、事務局の村上政彦さん、歷史時代作家クラブ代表の岳真也さん、平和作家の伊神権太さん、詩人の森川雅美さんと野武 由佳璃さん、ノンフィクション作家の渡辺一枝さん、ノンフィクションノベル作家の橘かがりさん、童話作家の星野はしるさん、同じく童話作家の大島理恵さん、東日本大震災に咲く会代表の橘光顕さん、文芸評論家の川村湊さん、日本ペンクラブ 環境委員長の山本源一さん、元集英社編集者の高橋至さん、光文社編集者の竹内充さん、学研編集者の増田秀光さんなどと久しぶりに再会し、とても楽しい時間を過ごすことができました。


日本ペンクラブ 環境委員長の山本源一さん(左)と私.上山明博


童話作家の星野はしるさん(左)と私.上山明博と光文社編集者の竹内充さん(右)


作家の橘かがりさん(右)と私.上山明博。橘さんの右隅に渡辺一枝さんが、


童話作家の大島理恵さん(左)と私.上山明博


当日司会を務めた作家の村上政彦さん(右)と志賀泉さん(左)


志賀泉さんの『無情の神が舞い降りる』の扉に書いて頂いたサイン「上山明博様,ありがとうございます,志賀泉,2017年4月25日」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

日本生物地理学会主催のシンポジウに参加した。

2017年04月09日 | イベント.講演
昨日(4月8日)午後1時から、日本生物地理学会主催のシンポジウ「次世代にどのような社会を贈るのか」があり、小雨の降るなか会場の東京大学弥生講堂一条ホールを訪れた。
冒頭、日本生物地理学会会長の森中定治氏が主旨説明に立ち、戦争を起こさせないための科学的(客観的)論拠の必要性を訴えかけた。
その後、「科学者は戦争で何をしたか」をめぐってノーベル賞受賞者の益川敏英(名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長)と人類学者の長谷川眞理子(総合研究大学院大学学長)両氏による対談がおこなわれ、大学の軍事研究の是非や向後世界大戦が起きる可能性などについての意見交換があった。
続いて、カント哲学者の渋谷治美氏が話を取り纏め、カントの『永遠平和のために』について解説を加えた。
最後に、シールズの奥田愛基と新外交イニシアティブ事務局長の猿田佐世両氏が次世代(若者)を代表してシンポジウムの感想を述べた。
じつは、さして期待せずに出かけたのだが、演題に立った森中氏、益川氏、長谷川氏、渋谷氏、さらに奥田氏、猿田氏の、どの話もとても面白かった。
わけても、戦争をなくすために、道徳や倫理や宗教などの理念に頼るだけではなく、戦争を起こさせないための客観的な裏付け(理論)を確立することが急務であると力説された主催者の森中会長の主張は新鮮だった。シンポジウムのあと、森中さんとお話をさせていただき、刺激を受けるととも大いに勇気づけられた。多謝!!


『2017年度第72回日本生物地理学会年次大会講演要旨集』(500円)と、
主催者の森中定治日本生物地理学会会長からいただいた名刺


森中定治氏のサイン
goo | コメント ( 4 ) | トラックバック ( 0 )

上山明博 著「プロパテント・ウォーズ」の講演会を行いました。

2017年04月01日 | イベント.講演
昨夜、(3月31日19:00より)日比谷図書文書館コンベンションホールにて、拙著「プロパテント・ウォーズ」の講演会を行いました
当日は、プレミアムフライディーと年度末と雨天が重なり、会場にお運びいただけるか案じていましたが、演題に立つと、思いのほか大勢の方にご来場いただき、ありがたく思いました。
講演は、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ・ガリレイ、エイブラハム・リンカーンなどが行った発明について触れながら、特許制度の歷史について解説しました。
また近年、TPP協定交渉の主要議題になるなど、知的財産に大きな注目が集まるなか、特許制度の社会的意味と、特許法の法の精神についてお話しました。

上山明博 著『プロパテント・ウォーズ』(電子書籍)





















講演会の後は誘い合って近くのお店に参集。詩人、歌人、小説家、絵本作家、童話作家、ミュージシャン、弁理士、税理士、大学教授など、一夜限りの懇親会を行いました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

日比谷カレッジ/上山明博 講演「プロパテント・ウォーズ —世界を変えた特許の歷史」日比谷図書文化館 主催

2017年02月07日 | イベント.講演


【演題】プロパテント・ウォーズ —世界を変えた特許の歷史

【内容】イタリア・ルネッサンス期は、芸術が開花した時代であると同時に、科学技術もまた大きく進展した時代でした。例えば、ダ・ヴィンチはモナ・リザを描くとともに、ヘリコプターや揚水機などの発明をメモに記しています。特許制度はこの時代に、ヴェネチア共和国で誕生しました。同時代に活躍したガリレオ・ガリレイは、共和国の元首に宛てて特許申請の手紙を書き残しています。その手紙を読み解きながら、特許制度の社会的役割について解説します。その後、特許制度はイギリス、アメリカ、そして日本で導入されました。その歴史を辿りながら、特許の今日的意味を探索してみたいと思います。
参考図書=上山明博 著『プロパテント・ウォーズ』https://www.amazon.co.jp/dp/B00IWD6A9C/

【場所】日比谷図書文化館 地下1階大ホール(日比谷公園内・千代田区日比谷公園1-4)

【日時】2017年3月31日(金)19:00~20:30

【定員】200名(申込順)

【参加費】1,000円

【主催】千代田区立日比谷図書文化館

【講師】上山 明博(うえやま あきひろ)
ノンフィクション作家(日本文藝家協会 及び 日本科学史学会正会員)
1955年 岐阜県生まれ。1999年 特許庁産業財産権教育用副読本策定普及委員会委員、2004年 同委員会オブザーバーなどを務める一方、文学と科学の融合をめざし、徹底した文献収集と関係者への取材にもとづく執筆活動を展開。主な著書に『プロパテント・ウォーズ』文藝春秋のほか、『発明立国ニッポンの肖像』文藝春秋、『技術者という生き方』ぺりかん社、『ニッポン天才伝』朝日新聞出版などがある。

【申込方法】
・電話(03‐3502‐3340)
・Eメール(college@hibiyal.jp)
・来館(1階受付)いずれかにて、
①講座名(プロパテント・ウォーズ —世界を変えた特許の歷史)
②お名前(よみがな)
③電話番号、をご連絡ください。

【詳しくは】http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2923
【チラシ入手】http://hibiyal.jp/kdata/7b759e8bb3e13098089dea03fa35895f.pdf
【問い合わせ先】千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)

【アクセス】
・東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
・都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
・東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
・JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「ご講演会ご登壇の御願い」の手紙

2016年10月07日 | イベント.講演
郵便受けに一通の手紙が届いた。手紙には「ご講演会ご登壇の御願い」の掲題が記され、差出人は、日比谷図書館文化館とあった。そして今日、日比谷公園内にある同館を訪れ、直接お話を伺ったうえで講演依頼を受けさせて頂くことにした。
演題は「プロパテント・ウォーズ ─ 世界を変えた特許の歴史」。日時は来年1月27日(金曜日)午後7:00〜8:30。会場は日比谷図書館文化館B1大ホールに於て行うことが早々に決まった。
それにつけても、このところ柄にもなく相次いで病気が見付かり、複数の病院に通っているので、講演当日の健康状態がすこし心配……。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

川村湊氏とチェルノブイリの祈り

2016年02月23日 | イベント.講演
昨日2月22日、第2回文学サロン(脱原発文学者の会主催)が日本文藝家協会会議室でおこなわれた。「チェルノブイリの祈りとノーベル文学賞」と題して、文芸評論家の川村湊氏によるトークは約2時間にもおよんだ。
前半は、昨年ノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシエービッチの『チェルノブイリの祈り』とノーベル文学賞選考委員会の裏話について。ノーベル文学賞の歷史を振り返ると、受賞作家は言語や国および地域別に、ある周期のローテーションによって選定されている話など、興味深かった。
後半は、チェルノブイリと福島について。30年前に旧ソ連(現ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故の際、政府は住民に正しい情報を公開せず、事故後隠蔽工作をおこなった。『チェルノブイリの祈り』は、世界を激震させた巨大原発事故に遭遇し、激変する時代に翻弄される人々への取材ドキュメントである。そして今、福島原発事故で、日本政府はチェルノブイリのときと同様に、住民に正しい情報を公開せず、事故後隠蔽工作をおこないつづけている。一方、チェルノブイリは苦悩のなかから『チェルノブイリの祈り』という素晴らしい文学作品を生み出したが、日本ではまだそれに匹敵すると思われる作品を生み出せてはいない。それを見る限り、現時点においてロシアと日本の文学の力の差を感じないわけにはいかない、と川村氏は2時間におよぶ話をそう締めくくった。いかにも川村氏らしい日本の文学者への叱咤激励にほかならず、私は自戒するとともに感動した。
川村氏とは最近よくお会いしているが、こういう機会でもないと頼めないと思い、川村氏にサインをもらった。うれしかった。

講演直後の川村湊氏(左)と私,上山明博/2016.2.22.日本文藝家協会にて

川村湊氏の直筆サイン「上山明博様 恵存 川村湊」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

加賀乙彦氏の話

2015年11月26日 | イベント.講演
昨夜、脱原発社会をめざす文学者の会と日本文藝家協会の共催で新たな文芸サロンが開催された。
第1回目のゲストは、谷崎賞や大佛賞など、数々の賞を受賞された小説家の加賀乙彦氏。話は、戦争と災害に明け暮れた昭和という時代を加賀さんはどのように生き、その体験がどのように小説に活かされ、そして多くの登場人物を文体を駆使して書き分けてきたかについて2時間に及んだ。
わけても、大江健三郎さんから文体の重要性について教わった話や、ドナルド・キーンさんから古典の重要性を教わった話など、文壇に属する者なら誰もが聞きたいと思える貴重な証言ばかり。
加えて、関東大震災の際に三千人もの多くの朝鮮人が惨殺されたという話しを加賀さんからお聞きできたことは、私にとって大きな収穫だった。じつは、拙著『関東大震災を予知した二人の男』を幸運にもノンフィクション作家の保坂正康氏が文藝春秋本誌の鼎談書評で取り上げていただいた折、その紙面で保坂さんは、お父様から中国人が惨殺された話を聞いたと証言されている。書評を通して保坂さんから関東大震災で中国人が惨殺されたという話を知り、昨夜また加賀さんから朝鮮人が大量に惨殺された話をお聞きし、様々な形で証言が残っていることを確認することができて大変興味深かった。
ワイン飲み放題と、質問し放題で千円の参加費は絶対お得! その後懇親会があり、作家の加賀乙彦さん、岳真也さん、森詠さん、川村湊さん、穂高健一さん、森川雅美さん、それに編集者の竹内充さん、山本源一さんとで話は盛り上がった。

講演直後の加賀乙彦氏(左)と私,上山明博/2015.11.25.日本文藝家協会にて

加賀乙彦氏の直筆サイン「上山明博様 加賀乙彦」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

拙稿が小学校の副教材に

2015年10月17日 | 寄稿
以前書いた「糸川英夫・星になったロケットの父」(『科学感動物語1宇宙』学研所収)が、今年、小学校6年生の副教材『楽しい読書6』(愛知教育文化振興会発行、東京書籍制作)に選定・転載され、国語の時間に読まれることになった。
そして過日、新たに副教材の問題集を制作したので、その問題を見てほしい旨の手紙を同教育文化振興会から頂いた。
で、同封されていたのが、この問題集。意外に難しいので驚いた! 文章を書くより、問題を作るほうがよほど難しそう。はたして6年生は全部正解するだろうか?!




公益財団法人愛知教育文化振興会
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

フジテレビの報道番組「Mr.サンデー」に出演!

2015年09月07日 | 新聞.雑誌.テレビ.ラジオ
昨夜9月6日(日曜)午後9時45分放送の「Mr.サンデー」というフジテレビの報道番組で、「関東大震災を予測した学者の苦闘と後悔」という特集が企画され、その特集にVTR出演しました。
番組は、関東大震災で活躍した二人の地震学者・大森房吉と今村明恒を追うというもので、拙著『関東大震災を予知した二人の男―大森房吉と今村明恒』産経新聞出版刊が種本になっています。番組ディレクターが拙宅にカメラを持込み、2時間ほど話をしながらビデオを撮っていきました。
放送で映った時間は1分ぐらいですが・・・。


私邸の仕事部屋で仕事をするノンフィクション作家・上山明博氏


大森房吉と今村明恒について語るノンフィクション作家・上山明博氏


今村明恒について語るノンフィクション作家・上山明博氏


番組のエンディング・ロールで流れる『「関東大震災を予知した二人の男」著者上山明博』のテロップ
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

随筆「震源から遠く離れて」を『脱原発社会をめざす文学者の会』に寄稿!

2015年08月10日 | 寄稿
脱原発社会をめざす文学者の会(代表=作家・加賀乙彦氏)が発行する同名の会報紙『脱原発社会をめざす文学者の会・第4号』(2015年8月10日発行)に、随筆「震源から遠く離れて」を寄稿しました。お手すきの折にご高覧ください。

「震源から遠く離れて」上山明博
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ