貧乏庶民の法的思考2

びんぼうしょみんのリーガルマインド2

第1局

2016年10月17日 | 囲碁
いよいよ始まった王座戦第1局、黒番余・白番井山。
この碁は明らかに余の名局だろう。白の井山の打ちたいように打たせて、いつの間にか右辺を取って中央にも巨大な地模様が出現。しかし、左上隅の怪しいコウから少しずつ歯車が狂い始めた…291手完、白1目半勝ち。
井山、「死の三正面作戦」の第一局、かつて張ウから吸収した「負け碁を無理やり逆転」の技を余に見せ付けた。ていうか、余に対してはいつもそれだよね。余がヨセが下手なんだろうな。逆に言えば、余は布石と中盤が非常に強いということ。とりあえず勝った井山だが、次は一力が待っている。ほんま、きついで。なんといっても名人戦がカド番だしな。その強いプレッシャーの中で若くて強い奴を相手にこの逆転技。井山、まだまだ全盛期は終わってない!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 近時の雑感 | トップ | 一人前 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。